週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最強の組み合わせ

おいしくてズルい!セブンの「明太チーズポテトまん」今年も

2019年12月18日 07時30分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ポテトサラダに明太子を合わせた明太ポテトサラダって、ありますよね。私、あれはちょっと“いけない”って思っているんですよ。じゃがいも、マヨネーズに、さらに明太子の組み合わせは、カードが強くてちょっとズルいなって思ったり。冗談半分なんですけど(実際はおいしくて、ふつうに食べていますが)。

 それに近い感覚です。セブンの「明太チーズポテトまん」。

セブンで「明太チーズポテトまん」発売中

いも×明太子×チーズ

 セブン-イレブンは「明太チーズポテトまん」を12月10日ごろから全国で順次発売中です。税込129円(本体120円)。

 2017年2月に初登場した「明太チーズポテトまん」。いも、明太子、チーズを合わせて包んだ中華まん。明太子をイラスト化したようなかわいらしいキャラの焼印が、2017年の初登場時から健在です。

 考えてみてください。いも×明太子。これだけも十分においしいであろうところ、さらにチーズを合わせています。しかもふかふかの生地で包んで、温かい中華まんに仕立てたとは、間違いないじゃないですか。無敵感があります。

いも×明太子×チーズの「最強トリオ」は本当?
食べてみた

 ですが、そこでヘソをまげてはいけません。実態を確かめなくては。

買ってきました!

「明太チーズポテトまん」です。

 オレンジ色の生地。もにゅもにゅっとした“明太子さん(ナベコ命名)”のロゴがかわいい。

オレンジ色の生地が特徴。

 製造元は中村屋です。

サイズはノーマルの中華まんと同じ。

 割ってみると、ポテトサラダのようなゴロッとした質感。

割ってみました。

 明太子の色みで赤いです。チーズは全体に混ぜ込まれているようで、わずかに細い糸状のチーズの伸びが見えました。

ヤミツキになるおいしさ!

 いざ、いただいてみると、想像したとおり。やっぱりおいしい! ズルいよ!

やっぱり、ズルいおいしさ。

 ほくほくねっとりしたマッシュポテトに、ピリッと辛い明太子。チーズがコクを足していて、相性の良い組み合わせ。

 明太子はピリ辛といっても、いも、チーズと合わせていることで、刺激はかなりマイルドになっています。ですので、お子さんもおいしいくいただけると思いますよ。明太子にチーズを足しているものだから、全体的にジャンク感ある濃い味付け。明太チーズもんじゃを食べているような楽しさがあります。

味付けが濃くてヤミツキ感あります。

 お肉は入っていないので、想像していたより食後感は軽めでした。カロリーはひとつ217kcalです。これは、たとえばセブンの肉まん「もっちりジューシー肉まん」(237kcal)より低めのカロリーです。

 というわけで、やっぱり「明太チーズポテトまん」は最強の組み合わせでした。おやつにぴったりです。ちょっとズルいなと思うけど、してやられるのも悪くない。ぜひ食べてみてください!

■関連サイト

書いた人:記者ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメやっています.情報募集中→【Twitter】【Facebook】

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう