週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

JR東日本「アキュア」の自販機限定

辛い麻婆スープが駅ナカ自販機に登場!辛さレベルは?

2019年12月03日 18時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

「旨辛麻婆スープ 大豆そぼろ入り」アキュアの自販機で12月3日から発売。(写真はアキュア公式サイトから)

 JR東日本の駅ナカにある自販機“アキュア”で「旨辛麻婆スープ 大豆そぼろ入り」が12月3日から発売されました。190g缶で、価格は140円。

 アキュアオリジナルの飲料ブランドacure made<アキュアメイド>の新製品。花椒と唐辛子で辛みを出した本格的な麻婆スープだそう。製造メーカーは永谷園です。

■「旨辛麻婆スープ 大豆そぼろ入り」(190g缶)
※JR東日本の駅ナカにある自販機アキュアで販売
 価格:140円
 

製品開発担当者が「旨辛麻婆スープ」を語る

 麻婆スープの缶飲料って珍しいですよね。麻婆といったら中華。アキュアメイドの製品開発担当であるJR東日本ウォータービジネス 石原結衣さんが、中華にちなんでパンダの格好で旨辛麻婆スープのポイントを教えてくれました。

JR東日本ウォータービジネス 商品開発担当 石原結衣さん。なんとパンダの格好で製品の魅力を語ってくれました。

 「旨辛麻婆スープ 大豆そぼろ入り」は、2018年にヒットしたアキュアの「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」に続く本格路線をうたう中華スープ。駅ナカのホームでの寒さしのぎや、小腹満たしに飲んでもらうことが狙いだそう。電車で通勤する男性、女性の両方がターゲット。

2018年に初登場の「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」に続く、本格中華スープ第2弾。(写真はアキュア公式サイトから)

 チキン、ポークをベースに醤を加え、花椒と唐辛子で辛みを出し、大豆そぼろを加え、本格的な味わいを実現したとのこと。缶飲料で“大豆そぼろ”を加えた製品もあまり例がなく、注目ポイントだとか。

旨味を出しつつ可能な限り辛くした

石原さん「ただ辛いだけではなく、チキン、ポークをベースにしており、旨味をしっかり感じられる仕立て。風味が濃いため、缶飲料を加熱殺菌するときに生じる独特なにおいも、本商品ではほとんど感じられないようになっています。本格的な味わいを楽しんでいただければと思います」

記者も飲みましたが、「中辛」程度にはしっかり辛かったです。

 記者が旨辛麻婆スープを実際に飲んでみたところ、トロリとした舌触りで、動物性の旨味に豆板醤のようなコクがあって濃厚。缶飲料だからといって、物足りないほど薄いとか、チープな風味だなと感じることはありませんでした。加えて、唐辛子のピリピリとした辛さも感じられます。

 辛さレベルは、例えば、甘口、中辛、辛口でジャッジするとしたら、中辛程度にはしっかりと辛みがあります(永谷園の麻婆豆腐をイメージしました)。“むせるように辛い”まではいきませんが、刺激的なのは確か。

石原さん「辛みを高めつつおいしさを保とうとすると、塩分も濃くなってしまいます。実は塩分は缶容器との相性がよくないため、塩分濃度をどんどんと高めていくことはできません。本商品では、缶飲料という条件の中で、旨味とのバランスを保ちつつ、可能な範囲で辛みを追求しました。社内で試飲したところ、“刺激が足りない”という辛党からの声もありましたし、もともと辛いものが苦手という人から“辛すぎる”という声もありました」

「寒さしのぎや、小腹満たしにどうぞ!」

 妥協した辛さではないとのこと。辛い食べ物が苦手という人やお子さまは注意したほうがいいかもしれませんよ。


 辛いものを摂取すると身体が温まるような気がするので、これからの季節、自販機で見かけたらつい買ってしまいそう。買ってすぐ飲むだけではなく、家に持ち帰ってご飯と合わせて、麻婆お茶漬けのようにアレンジに使うのもオススメとのことでしたよ。味が気に入ったら試してみては!

アキュアの自販機で販売中!


■関連サイト

書いた人:記者ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメやっています.情報募集中→【Twitter】【Facebook】

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう