週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

なお、免許はまだない

コスプレバイク女子・美環、未来の愛車をモーターショーで物色

2019年11月23日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 撮影●栗原祥光 モデル●美環(@puritendon

ヤマハの3輪バイクってすげーんですよ!

 東京モーターショー2019では自動車のほか、オートバイの展示も行なわれております。バイク雑誌にも登場するほどの美環さんは、当然オートバイにも興味津々、というより、正直バイクの方がメイン。まずYAMAHAのブースで見かけたのがYAMAHA MW-VISION。前2輪、後1輪という3輪バイクです。

 眉型のボディーがついており、リーン制御技術とリバース機能を搭載。さらに音響メーカーでもあるヤマハらしく、音声で音と光による人とモビリティーのインタラクティブ(相互作用)なコミュニケーションをテーマにしているようです。「ヤマハの3輪バイクは何度も乗っているのですが、バイクらしい楽しさと安定感があって面白いんですよ」とのこと。

 「なんか形が面白いっスね」と言っていたら、デザイナーの2名が美環さんを見つけてご挨拶。「フィギュアの原型師さんなんですよね。お仕事お願いしようかな」と、有名な上に謎の仕事依頼まで!

 続いて2020年秋以降の発売を予定しているYZF-R1もチェック。いわゆるリッターバイクのスーパースポーツです。「これ、素敵っス。早く乗ってみたいですぅ」と広報さんにおねだり。「シート部分の孔がいいんすよ」と細かいところをまで速攻チェックすると「ヤマハといったら、この青ですよ。かっけーすよマジで」と名残り惜しそうな顔で次のブースへ。

これがモーターショーで一番愉しみだった!

 次はKAWASAKIのブース。Ninja ZX-25Rに興味津々です。というのも250cc唯一の4気筒エンジンを搭載しているのですから! 「ぜってーやべーヤツっすよコレ! マジぱねーっすよ。1万7500回転まで回るんスよ」と、もはや日本語にならない言葉で大興奮。

 さらに「コイツが本命っスよ」というのが、スーパーネイキッドZシリーズの新フラグシップとなるZ H2。スーパーチャージャー搭載の4気筒のリッターバイクです。

 「顔がヤベーんすよ」とブースでずーっと見ていると、ここでも美環さんの2輪界における有名ぶりが発揮。なんとKAWASAKIの金花社長が直々にやってきて美環さんにご挨拶。「うちのバイク、いいでしょ。買ってくださいね」という営業攻撃を受けると「シート高が……サスペンションが……」と苦し紛れに答える美環さん。

 しかし「そんなもの、開発に作らせますよ」と近くにいた開発担当者に対して鶴の一言が飛び出し、美環さんも開発責任者も逃げられない様子でした。

これ買うつもりっス!

 ホンダの2輪エリアもチェック! アドベンチャーバイクであるアフリカツインが1100ccに排気量アップして登場! パワーアップと軽量化が施されたこのバイクを美環さんはちょこんと座ってハイテンション。

 「このメーターかっけーす! なんか色々できるみたいっすね。トラクションコントロールが切れるんすかね?」などと、クルマを見ている時とは違って、マニアックな質問まで。そこで開発者が登場して色々と説明を受ける美環さん。

 どうやら排気量アップや軽量化のみならず、電脳化が進みDCTもさらなる進化している様子。ちなみに、後ろのトランクも専用設計で諸々で250万円とのこと。

 近くに展示されていたADV150(市販予定モデル)にも熱視線。PCX150というスクーターをベースに、サスペンションやタイヤを強化したほか、後輪ブレーキをドラム式からディスク式へとアップグレードした1台です。コクピット周りも一新されていて見やすさアップ。

 「普段の移動はスクーターで、乗り換えようかなと思っているんですよ。コレに。マジで買うつもりっス、マジで」と真剣な顔。ここでも開発責任者から色々な説明を受ける美環さん。しかし「ぶっちゃけ、ナンボっすか? まけてくれませんかね?」などと値切り交渉を展開。

 そのほか、大型のクルーザー「ゴールドウィング」にも跨り大満足してホンダブースを後にしました。

こういうバイクが増えるとイイっスね!

 そしてスズキブースへ。ここでフルカウルスポーツバイク「ジクサー SF 250」をチェックする美環さん。

 このモデル、今年5月からインドで発売されているもので、新開発の油冷単気筒エンジンを搭載。

 スズキにはフルカウル250ccのスポーツバイクとして2気筒エンジンを搭載するGSX250Rがありますが、こちらはビギナーライダーに向けた扱いやすいモデルとして仕上げられているとのこと。

 担当者によると価格も十分に抑える予定だそうで「こういうモデルが増えるとイイっスね! 買いやすい値段で扱いやすくてカッコいい。フルカウルはやっぱかっけーっすよ。バイク女子がもっともっと増えるといいな」と美環さんも太鼓判。250ccのスポーツバイクにまたひとつ、魅力的なモデルが登場しそうです。最後に開発担当者たちと「S」マークをしてブースを後にしました

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう