週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

なお、免許はまだない

コスプレバイク女子・美環、未来の愛車をモーターショーで物色

2019年11月23日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 撮影●栗原祥光 モデル●美環(@puritendon

GT-RよりもZとNOTEが気になる美環さん

 続いて訪れたのは日産自動車ブース。ここで「これカッコいい!これっスよ!」と指を指したのは、フェアレディZの50周年記念モデル。

 「この赤いストライプがかっけーすよ」と形でも名前でもなく、まさかのデカールに惹かれた様子。座ってみると「マニュアルじゃねーっスか! 室内もかっけース! マジいけている」と大興奮です。

 続いて見たのがNOTE e-POWER NISMO S。NOTE e-POWERの名前はCMで知っているようで「これ売れているってCMで言っているクルマっすよね!」と興味津々。

 エンジンルームを開けてもらうと「これがe-POWERって奴っすか! 電気自動車っすね!電気自動車好きっス! だって環境に優しいもん」とニコニコ。こちらのクルマ、小さくて荷物が乗って、電気自動車で、そのうえスポーティーな走りも楽しめるので、美環さんにオススメかなと思う筆者でした。免許を取得したら、ぜひ運転してもらいたいと思います。

やっぱり女の子はオシャレで
可愛いクルマが好きでした

 日産自動車ブースの反対側にあるルノーブースを見るや「これカワイイ!」と小走りで向かったのが、今年マイナーチェンジをしたコンパクトカー「トゥインゴ」。

 「丸いおめめがカワイイっす!」「この黄色、素敵っす」と終始ニコニコ。さらに流れるPVを見ながら「確かにパリとかにピッタリな雰囲気っすなー」と感心。広報さんが色々と説明をすると「ルノーってフランスのクルマなんですかー」と冷や汗モノの展開も。ですが広報さんは優しい笑顔で「免許を取ったらいつでも乗ってください」とのお誘いも。免許取得後の目標ができましたようです。

 ちなみにトゥインゴはAT車ですが、以前はMT車もありました。本命はこちらでしょうか?

美環さん、ホンダeの内装に驚く

 次に訪れたのはホンダのブース。今年のホンダはFITとホンダeが並ぶコンパクトカー祭。ここでも丸いお目々のクルマが気になったようで、ホンダeを見るや「カワイイ!」と第一声。

 さっそく特別に許可を取ってから、ステージに上がってホンダeを観察し始めます。車内に乗り込むやインラインに並ぶディスプレーに「なんじゃこりゃー」と驚きの声。「この画面、すげー綺麗っすなー! でも電気自動車なのに、こんなに電気を使っていいんですかねー?」と素朴な疑問も。

 いっぽう室内は「これ、広いしかっけーす。いいっすコレ」と気に入った様子。

 そしてFITも速攻チェック。今回のFITはライフスタイルにあわせて5種類用意されているのですが、その中から選んだのは、ホンダが女性向けとして作ったモデルではなく男性向けの車高が高いモデル。

 「これ、色がイイっす! この色イイっス!」というと担当者からは「このモデルだけの専用色になります」とのこと。どうやらスタイリングだけでなく色もポイントとなっているようです。

スズキのハスラーを見て「これイイ!」

 お次は隣のスズキブース。ここではハスラーコンセプトが展示されていました。見かけるや「このポップな感じ、メッチャイイっす!」と早速ステージに登壇。

 「室内もイイ感じっす! 丸いお目々もイイ感じだし、横に何か書いてある文字もイイ感じっす」とかなり気に入ったようだ。「これ小さいっすね。軽自動車っすか」と、手ごろなボディー感にも好感をもった様子。ちなみにスズキブースは、写真のオレンジのほか、ピンクやライトグリーンのハスラーコンセプトも展示されていたのですが、美環さんはオレンジがお気に入りらしい。

 これで西館1と2は終了。ここまでで美環さんは「小さくて丸いヘッドライトの、ポップな色の車」が好みのようです。メーカーの皆さま、ぜひご参考に。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう