週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

旧モデルよりも1GBアップ:

新型iPad、メモリー3GB搭載か

2019年09月25日 08時00分更新

 アップルが9月30日に発売を予定している新型iPad(第7世代)は、3GBのメモリー(RAM)を内蔵している。著名開発者のSteve Troughton-Smith氏がTwitterで9月19日に明かした。

 iPad(第7世代)はこれまでディスプレーサイズとSmart Connectorの採用以外に変化がないとみられていた。しかし、メモリーの搭載容量がアップしているのであれば、第6世代と比較してより長く使えることが期待できる。

 第7世代のプロセッサーが第6世代と同じA10 Fusionであることにガッカリした人も多いと思うが、リリース後、正式にメモリーの増量を確認できれば購入を検討してみても良いのではないだろうか。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう