週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「スマート全角スペース」機能を知る:

iOS 13で空白(スペース)をいつでも半角にしたい

2019年09月20日 20時00分更新

 アップルが9月19日(現地時間)にリリースしたiOS 13では、標準のキーボードで、文字入力中に「空白」を押すと、全角入力中なら全角スペースが、半角入力中なら半角スペースが入力されます。

 この機能はiOS 13から追加された「スマート全角スペース」によるものです。半角スペースを普段から使っている人の中には、オフにしたいと思う人もいるかもしれません。今回は、スマート全角スペースをオフにする方法を紹介します。

 まず「設定」アプリを起動して、「一般」→「キーボード」の順にタップしましょう。「スマート全角スペース」という項目があるので、これをオフにします。

「設定」アプリで「一般」をタップ

続いて「キーボード」をタップ

「スマート全角スペース」という項目がある

ここをオフにする

 これで、キーボードで「空白」をタップすると、全角入力中でも半角スペースが入力されます。

キーボードで「空白」をタップすると、全角入力中でも半角スペースになります

 スマート全角スペース機能は、スペースの全角/半角をいちいち切り替えなくてもよくなる反面、長い間iPhoneを使っている人からすると「いきなり全角スペースが入力されてしまう」と戸惑うかもしれません。

 とくに気にならない人はオフにしなくてもよい機能だとは思いますが、半角スペース入力に慣れている人なら、知っておくとよいでしょう。


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう