週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3万円台でほぼ全部入り! 実は超お買い得なドコモのスマホ「LG Style2」

電池持ちは良好だが、パフォーマンスはほどほど

 LG style2は、3900mAhのバッテリーを搭載していることもセールスポイント。ドコモのミドルレンジのバッテリー容量は2700~3000mAhが中心なので、群を抜いて大容量と言っていいでしょう。ドコモのスペックでは、平均的な使い方での「電池持ち時間」が「約135時間」と記載されています。つまり、フル充電で5日以上使い続けられるとのこと。

 移動中にゲームをしたり、動画を見たりすることがある筆者でも1日でバッテリーが半分以下になることはなく、2日は余裕で持つ印象でした。よほどのヘビーユーザーでない限りは、モバイルバッテリーを持ち歩く必要はなさそうです。

そもそも電池容量が多いことに加えて、ユーザーの設定で電池をより長く持たせることも可能

 プロセッサーはSnapdragon 450(1.8GHz オクタコア)で、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBという構成。「パフォーマンスにはさほど期待できないが、普段使いには困らないだろう」というスペックです。筆者が実際に使った印象も、まさにその通りで、動作は軽快とは言い切れず、可もなく不可もなくという印象。

「AnTuTu Benchmark」アプリでベンチマークを測定した結果、いかにもミドルレンジというスコアだった

 筆者は普段、Snapdragon 800番台のハイエンドモデルを使っていることもあり、LG style2を使い始めた当初は、反応がやや遅いと感じたのが本音。しかし、それから数日間、このLG style2をメイン端末として使ってみましたが、その間にストレスを感じることはありませんでした。通話やSNS、ウェブをメインに使う人であれば不満を感じることはないでしょうし、「YouTube」や「Netflix」などの動画を楽しむにも支障がないと思います。

動作が鈍くなった時にワンタッチで最適化できる「スマートドクター」という機能も付いている。使い始めた当初はさほど活用する機会はないだろうが、長く使い続けていると役立つ機会が増えるだろう

最大のアドバンテージはコスパ

 LG style2は、ワンセグ、防水・防塵、おサイフケータイにも対応しているモデルです。指紋センサーも搭載しています。ハイレゾの再生にも対応しています。多くのスマホに搭載されいて、LG style2にない機能は、顔認証とワイヤレス充電くらいではないかと思います。

 独自機能で便利そうに思えたのが「Qメモ+」。手書きのメモを書くこともでき、画面が大きいので指でも無理なく入力できました。スクリーンショットを撮って、そこに文字やイラストを描ける機能も重宝しそうです。

プリインストールされているLG独自アプリ「Qメモ+」は、手書きのメモも保存できる

スクリーンショットにメモを描いて、すぐにメールやSNSで共有することも可能

指紋センサーをなぞって通知パネルを出せるなどのショートカット機能も便利

ミドルレンジモデルながら音楽再生機能も重視し、音楽プレーヤーはイコライザ機能も備えている

 今年の夏は、Galaxy S10やXperia 1、HUAWEI P30 Proなど、主要メーカーのハイエンドモデルに注目が集まり、エントリーからミドルレンジのモデルはさほど目立っていない印象でした。しかし、3万円台で“ほぼ全部入り”と呼べる仕様でデュアルカメラを搭載し、大容量バッテリーを搭載しているというのは、実にすごいこと。型落ちモデルではなく、ドコモの最新端末ですから。コスパを重視する人は、忘れずに選択肢に加えてほしい端末です。

ドコモ「LG Style 2 L-01L」の主なスペック
メーカー LGエレクトロニクス
取り扱い ドコモ
ディスプレー 6型液晶
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約158×76×8.5mm(最厚部:約9.1mm)
重量 約182g
CPU Snapdragon 450
1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 262.5Mbps/50Mbps
VoLTE ○(HD+)
カメラ画素数 リア:約1620万画素(F2.2)
+約1310万画素(F1.9)
/イン:約810万画素(F1.9)
バッテリー容量 3900mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/×
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
Qi ×
カラバリ ブラック、ゴールド

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう