週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

大きな画面もスムーズに操作できる片手モードを使いこなすXperiaテク

2019年08月03日 10時00分更新

 スマートフォンのディスプレーサイズは数年前と比べて格段に大きくなっています。それはXperiaも同じで、とくに最新モデルの「Xperia 1」はアスペクト比21:9と細長いスタイル。そのため片手操作だと画面上部のタッチが厳しくなっています。

片手操作だと親指だけで操作するのは厳しい

 そこでオススメなのが「片手モード」。ホーム画面を縮小表示して片手でも操作しやすくする機能です。片手モードを使うためには、まず設定から「画面設定」→「詳細設定」へとアクセス。

設定から「画面設定」をタップ

「画面設定」で詳細設定を押すと、片手モードの設定が表示される

 ここで「片手モード」が「ON」になっていれば、機能は有効になっています。もし「OFF」になっていたら「片手モード」をタップして設定画面に切り替え、ボタンを押して機能を「ON」にしておきましょう。

ボタンをタップすれば機能がONになる

 これで片手モード使用の準備は完了。あとはホームボタンをダブルタップするだけでOK。自動でホーム画面が縮小表示されます。表示されたホーム画面の横にある矢印をタップすれば、画面上の左右どちらに寄せるか切り替えも可能です。

ホームボタンをダブルタップすると縮小画面に

片手モードで縮小表示されたホーム画面

矢印をタップすると表示する場所を左右どちらかに寄せられる

 さらに縮小表示したホーム画面の斜め上にあるボタンをドラッグすると、表示サイズの変更も可能。また上部にあるボタンも同じくドラッグすると、上下の表示位置を調整できます。自分の手の大きさやグリップする場所に合わせて調整できるわけです。

表示サイズ最小(左)と最大(右)

上下の表示位置は微調整可能

 片手モードを終了したいときは、縮小表示されたホーム画面以外の黒い背景部分をタップすればフルサイズでの表示に戻ります。片手モードを使いこなして、よりXperiaをスムーズに操作できるようマスターしましょう!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう