週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

店舗限定にしている場合じゃない:

松屋「ごろごろチキンのバターチキンカレー」全店販売してください

2019年07月16日 19時00分更新

この値段でチキンがごろごろ入って
ちゃんと「バターチキン」の味だからえらい

 もともとカレー専門店のメニューだったものをアレンジしただけあって、違和感がないというか、きちんと「バターチキンカレー」の味になっています。ルー自体の味の濃さもありますし、トマトの香りも残しています。ニンニクがすこし強めなのは松屋のメニューの特徴ですが。

ごろごろしたチキンのサイズ感がうれしい

 ごろごろチキンのシリーズらしく、大きめに切られた鶏肉がたくさん入っているのがよいです。ココがポイント。思い起こせば、ごろごろ煮込みチキンカレーは、既存のメニューの進化(量が増えたとか、味がよくなったとか)ではなく、さながら突然変異のような奇跡でした。牛丼チェーンにしてはクオリティーの高いカレーに、ボリュームのあるチキンが入ることで、ほかのメニューとは一線を画する仕上がりになっていたわけです。

 バターチキンカレーの場合も同様です。カレー自体はそれなりの完成度ではありますが、そこにチキンが多めに入っていることで、幸福度はかなりプラスされます。「バターチキンカレーにタマネギか……」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、それほど邪魔をしているわけではない。人によってはナンがほしくなるかもしれません。

チキンの大きさが幸せにつながる

 これが650円ですぐ出てくるのは、純粋に“勝利”ではないでしょうか。もちろん上を見ればキリがないというか、「もっとコクがほしい」「専門的に比べると味に深みがない」という意見もあるでしょう。しかし、このレベルのカレーが松屋で(しかも並盛650円で)提供されることに価値があると信じています。

バターチキン×みそ汁という異文化交流。もう合うとか合わないとかではないです。ただモノとしてそこに“ある”という存在

 松屋の従来のカレーとの差別化ができていますし、チキンのボリュームもありますし、なによりこの価格でさっとバターチキンカレーが食べられるのは、別格の体験だと思います。いまのところ69店舗の限定販売ですが、これはレギュラー化してよいと思いますよ。松屋フーズのみなさん、ぜひ。どうか。なにとぞ。


モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう