週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

エースコックらしい直球勝負の味:

スーパーカップ「太麺濃い旨スパイシー焼そば」食感の圧がすごい

2019年03月11日 10時00分更新

食感も味も圧がすごい、ガツンとくる食べごたえ

麺の太さとふりかけの味わい

 半信半疑で口に入れてみると、わかります。やっぱり麺が太いです。ぐにぐにとした食感で、歯を、舌を、口の中を圧迫する感じ。「カップ焼きそば史上最太」ではなく、「スーパーカップ焼そば史上最太」なので、これよりも太い麺も探せばあるのかもしれません。とはいえ、平均から考えればかなり太く、歯ごたえがある部類なのは間違いないでしょう。

 味としてはもちろん違うのですけれど、麺の太さと食感でもってインパクトを与えるところは、「ラーメン二郎」に通じるものがあります。ただ、あちらはニンニクはもちろんのこと、「カネシ醤油」で作られるカエシ(スープで割る前のタレ)の味もすごいですよね? つまり、麺を太くしたならば、それに負けない味の濃さも必要となります。

食べてみれば、十分にわかる太さと食べごたえ

 そこで、先ほど紹介したソースです。これがまさしくエースコックのソースというか、とにかく味が立っている。ガツンとくる塩辛さに特徴あり。ふりかけも100種類のスパイスが入っているとうたってはいるものの、複雑でスパイシーな味わいというよりは、濃さ、辛さ(激辛というほどではありません)の鋭さが特徴的です。舌にピリッとくる感じ。

 よって、ぐにぐにした麺の太い食感と、キレのあるソース&ふりかけの味で、口の中に入れると「オラオラ、麺が太いぞ、味が濃いぞ! 文句あるか、エースコックだぞ!」という風情で、圧がすごい。

 さすがに味がちょっと濃いかなとは思うものの、そのあたりは好き好きでしょう。飲み物がほしくなる、あるいはおにぎりなどが食べたくなる濃さである、とはいえます。マヨネーズなどをちょっと入れてみると、好きな人にはたまらないテイストになると思いますね。

圧がすごいんじゃ!

 量が格別に多いわけではないのに、とにかくガツンとくる食べごたえなのは、麺の太さによる強烈な食感と、ソースとふりかけの濃い味付けによるものでしょう。エースコックらしいダイナミックな圧がすごいカップ焼きそばです。さっぱりした味が好きな人には勧めづらいですが、そういう人がこれを選ぶとも考えにくい。カップ焼きそばにはジャンクなインパクトがほしい、という人ならぜひ!


モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう