週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

日本導入も期待されるミドル&ロー「Xperia」3モデル

2019年03月06日 09時00分更新

2眼カメラの低価格モデル「Xperia L3」

 「Xperia L3」は、ローエンドに位置するモデル。同じくバルセロナのキャリアショップではすでに展示・予約販売されており、199ユーロ(約2万5000円)という価格だった。

ローエンドの最新モデル「Xperia L3」

バルセロナのキャリアショップでは199ユーロというプライス

 ディスプレーは5.7型で、今回発表されたモデルとは違いアスペクト比は18:10のHD+液晶を搭載。本体サイズは約72×154×8.9mmで重量は約156g。プロセッサーはMediaTek製のHelio P22で、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GBとなっている。

背面は樹脂で、カラーによっては光沢のある処理が施されている

 カメラは1/3インチのセンサーで約1300万画素/F2.2のメインカメラと、被写体深度などの計測に使われる1/5インチで約200万画素/F2.4のカメラとを組み合わせたデュアル仕様。最近では他社モデルもエントリーでデュアル仕様は当たり前なので、Xperiaもこのクラスでしっかりと戦えるスペックに仕上げてきた。

カメラは背面左上に配置

 本体右側面に指紋認証センサーを登載し、USBなどの仕様はXperia 10シリーズと同じだ。本体カラーはシルバー、ブラック、ゴールドの3色をラインアップしている。

本体右側面

SIMトレーは本体左側面に

このモデルも本体上部にイヤホンジャックがある

ローエンドながらType-Cを装備

左からシルバー、ブラック、ゴールド


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう