週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

“ソニーらしさ”の再考から生まれた「Xperia 1」 5Gへの取り組みも

2019年02月26日 13時30分更新

Xperiaシリーズ初のトリプルレンズ仕様
世界最速をうたう「瞳オートフォーカス」を搭載

 カメラは、広角と標準、望遠を組み合わせたトリプルレンズカメラ仕様。このトリプルレンズカメラは、世界最速の「瞳オートフォーカス」を搭載し、AE(自動露出)にも追従する毎秒10コマの高速連写を実現しているという。

カメラはトリプルレンズ仕様

広角側は16mmでF2.4

標準は26mmでF1.6と明るいレンズ

望遠側は52mmでF2.4

αなどのカメラ部門の技術の注力されており、画像エンジンは「BIONZ X for mobile」を搭載

世界最速をうたう瞳オートフォーカスを実現

 さらに、ビデオ撮影では「Cinema Pro」を搭載。映画撮影に使われるビデオカメラのような品質に加え、フィルターで映画のような質感の映像に仕上げることが可能。岸田氏は「日常生活をCineAlta(シネアルタ)カメラで映画のような作品として残せる」と話した。

映画を撮影するプロ機材のような映像撮影が可能となる「Cinema Pro」

 Xperia 1は5G対応ではないが、岸田氏は5Gについて今後の取り組みについても解説した。

 「ソニーはプロのクリエイターの製作を手助けして、コンシューマーに届けること」を重要と考えており、「エンターテイメントにおいて3つの技術が5Gへの可能性をもっている。ひとつは音楽で306度のハイレゾレコーディング技術と撮影技術。2つ目はスポーツで、複数台のカメラを使った360度やマルチアングルでの中継。3つ目はスタジオでの特殊撮影。5Gはこうして作られたコンテンツを届けるために役立つ」(岸田氏)。5G対応端末のプロトタイプをブースにて展示していることもアピールし、5Gの商用化に合わせてソニーモバイルも準備していると語った。

もちろん、5Gにもぬかりなく取り組んでいることをアピール


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう