週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

生録ならXperiaと連携するリニアPCMレコーダーで

2019年02月10日 10時00分更新

生録用途ならXperiaと連携する
リニアPCMレコーダーがオススメ

 録音アプリさえインストールしてしまえば、ICレコーダー代わりにも使えるXperia。しかしながら、いざ演奏を録音してみようとなると、さすがにスマホ規模のマイクでは良質な音は録れないものです。

 楽器を演奏したり、講演を本格的に録音してみようと考えている方にぴったりなアイテムが、リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ音源を録音再生できるリニアPCMレコーダー「PCM-A10」です。しかも、Xperiaとの連携で活用幅も広がるという親和性も持ち合わせています。

 PCM-A10は、リニアPCM 96kHz/24bitのハイレゾ録音と、リニアPCM・FLAC 192kHz/24bit(96kHz/24bit変換)のハイレゾ再生に対応したリニアPCMレコーダーです。本体サイズは幅約39.2×高さ約109.5×奥行約16mmで重量は約82g。スティックタイプで非常に持ちやすくコンパクトなサイズです。本格的な録音に対応しつつ、およそ約2万円というリーズナブルな価格で持ち運びもラクラクです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう