週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

sprout winner of the year 2018年総集編

検索いらずの美容室予約アプリが優勝 toCだけのピッチイベント「Sprout」

2019年01月16日 07時00分更新

飲食店と食べ手をつないでフードロスをなくす

「TABETE」を運営する株式会社コークッキング 代表取締役CEO 川越一磨氏

近くの店のフードロスを食べて救済。ウェブとiOSアプリでサービスを提供

 社会問題となっているフードロスのうち、特に飲食店のロスが大きく、中食・外食だけで年間約3000億円にも上るという。「TABETE」は、こうした飲食店のフードロスを救済するためのサービス。飲食店側は、ロスが発生しそうなときに商品の情報をTABETEに掲載すると、食べ手がオンラインで購入し、直接店舗に受け取りに行く仕組み。店舗は経費を回収でき、食べ手はオトクに商品が購入でき、ゴミを減らせて環境にもやさしい。

 現在の登録ユーザーは約8万人、都内の飲食店300店舗と提携しており、順次全国へと広げていく予定。手数料は売り上げの35%で、収益の一部は、葛飾区の子ども食堂に寄附しているそうだ。

美容師さんが希望を叶えてくれる“わがまま予約”アプリ

株式会社リクポ 代表取締役社長 木崎智之氏

検索なしで自分の希望をリクエストするだけの新しい予約アプリ

 「requpo~リクポ~」は、日本初の検索がいらないサロン予約アプリ。一般的な予約システムは、お店を検索し、選んだお店のカレンダーの空き時間から予約をするが、requpoではユーザーがエリアや日時、金額や要望をリクエストすると、美容師から提案が届き、複数のオファーから気に入った美容師が選べる仕組み。今後は、飲食や宿泊など、すべての予約のシステムをユーザーファーストに変えていくことを目指していくそうだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう