週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2019年福袋、ゲーミングデバイスが2万円以上もオトクに!?

2019年01月02日 10時30分更新

文● ジサトラ ハッチ 撮影● 伊藤真広

価格的には申し分ないが……

 次はトレーダー 秋葉原2号店にて購入した、PCゲーム福袋(1万円)をチェック。中古のPCゲームが入っているとのことだが、果たしてその中身とは?

秋葉原駅から線路沿いをまっすぐ進み、すぐ見えてくるトレーダー 秋葉原2号店。中古のゲームやDVD/Blu-rayを買うなら、1度は足を運んでおきたい

 福袋の中身は中古アダルトゲーム、一般向けゲーム、同人ソフト、ムック等と書かれていたが、今回の中身はアダルトゲームのみ。

前回はゲーム8本にサントラ1本という内容だったが、今回はゲーム3本のみと、本数的には物足りない感じだが……

BALDR BRINGER EXTEND CODE Director's Edition

 本作は18年以上続いた戯画の人気アクションアドベンチャー「BALDRシリーズ」の最終章として発売された「BALDR BRINGER」のアペンドディスク、その限定版。Amazonの価格は8618円。

 アペンドディスクであるため、アペンド(追加)データコンテンツのみとなる。そのため、本作をプレイするためには、別途「BALDR BRINGER」が必要。これはちょっと何というか、福袋購入ユーザーにとっては、残念な感じ。

プレイするには「BALDR BRINGER」をインストールしている必要がある

 BALDRシリーズは、数多くの兵装を選び、コンボがつながるように立ち回り、敵を倒すコンボ系のアクションゲームとして人気を博した。しかし、「BALDR BRINGER」は何故かそのシステムをかなぐり捨て、360度移動し、狙いを定めひたすら敵を攻撃するシューティングゲームのようなシステムへと変わってしまった。そのため、評価は賛否両論だ。

 限定版である本パッケージは「BALDR SKY」から「BALDR BRINGER」までの4作品に登場する戦闘用電子体(シュミクラム)を多数盛り込んだ設定資料集「シュミクラム マテリアルブック」。

 主人公である疑似地整体、不二の電子体が暗闇に光る「BALDR BRINGER ライトアクリルスタンド」、特典コスチューム「フリスチーナ・コクリー -ビキニクィーンVer.-」。

 やり込みイベントや、イベントの推奨最高難易度の追加、強化プラグ詰め合わせ 10点セットなどが加わる「エクストラブースター『勝利こそが真実』」などを備えた豪華な内容。しかしながら、やはり本編がないと遊べないというのは痛い。BALDRファンが保管目的で入手するならといったところか……。

恋騎士 Purely☆Kiss

 騎士精度のある世界で、騎士を志した青年が騎士育成の専門校“白宮学園”に通い、騎士団入団を目指す物語。AKABEiSOFT2系列ブランド「エフォルダムソフト」のデビュー作。2015年発売で、実売価格は7000円前後。

 基本はファンタジー学園の王道といった感じのストーリーなので、ライトギャルゲーマーにもオススメ。

とにかく、女の子がカワイイ、これに尽きる

暁の護衛

 AKABEiSOFT2の姉妹ブランド「しゃんぐりら」から2008年に発売されたアドベンチャーゲーム。警察を主とした治安機関は機能を失いつつある近未来を舞台に、主人公の朝霧海斗がボディーガードとして活躍する。実売価格は4900円前後。

シナリオの評価も高く、後に続編も加えてコンシューマーゲームへの移植も行なわれた

 ファンディスク「暁の護衛〜プリンシパルたちの休日〜」と続編の「暁の護衛〜罪深き終末論〜」をひとつにまとめた「暁の護衛 トリニティ」の一般版がPS3とPSPから、R18PC版がAKABEiSOFT3より発売されている。

 販売価格だけを見れば1万円の価値はあるが、アペンドディスクに加え、続編も含めたコンプリート版が発売されている作品も含めているため、評価は難しいところ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう