週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2019年福袋、ゲーミングデバイスが2万円以上もオトクに!?

2019年01月02日 10時30分更新

文● ジサトラ ハッチ 撮影● 伊藤真広

PCゲームを始める人には価値アリ!

 最後はマウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」のダイレクトショップ「G-Tune : Garage」で販売されていたゲーミング福袋 HyperX 5000円コース(5400円)をチェック。

「G-Tune : Garage」は、中央通りに面したところにあり、わかりやすい。最新のゲーミングパソコンなどを試し、その場で購入することもできる

商品はすべてキングストンのゲーミングブランド「HyperX」製だった

HyperX Alloy FPS Pro「HX-KB4BL1-US/WW」

 本機はテンキーレスでコンパクトなゲーミングキーボード。強固なスチールフレーム、信頼性の高い青軸のCHERRY MXキーを採用。ゲームモード、Nキーロールオーバー機能などを備え、FPSゲームに理想としている。実売価格は1万4500円前後。

今回は光らせていないが、バックライトはHyperXを象徴する赤。ケーブルは布巻きで取り外しが可能

HyperX Pulsefire FPS「HX-MC001A/AS」

 実績のあるPixart 3310光学センサーを採用し、FPSでの正確性を追求したゲーミングマウス。堅牢なオムロン製スイッチにより、高い耐久性とクリック感を実現。400-3200のDPI設定が可能、スムーズで滑りの良い大型マウスソールを備え、FPSに最適としている。実売価格は6100円前後。

ケーブルはキーボードと同じく布巻き。サイドグリップに滑り止めを備えているため、激しくマウスを操作しても、手に保持できるとしている

HyperX Cloud Stinger「HX-HSCS-BK/AS」

 275gと軽量で装着感に優れたゲーミングヘッドセット。オーディオ精度を追求した50ミリの指向性スピーカードライバーを採用。耳に音の発生源を正確に伝え、ゲーミンググレードの音声品質を実現しているという。実売価格は6600円。

PlayStation 4にも対応。90度回転するイヤーカップにより耳にフィットし、ストレスのない快適性をもたらすとのこと

 価格としては2万円以上お買い得。ゲーミングデバイスは人によって好みがわかれるところではあるが、買うのは初めてで触ってみないことには、という人の入門セットとしてはかなり魅力的だった。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう