週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

新しいiPhoneは美しすぎてたまらなぁい:

iPhone XS/XS Maxを開封ゥ~! ゴールドがよい感じ!

2018年09月19日 17時30分更新

iPhone XS Maxは思ったより持ちやすい
新しいゴールドもエレガントですよ

こちらはiPhone XS Max。箱はiPhone XSと同じデザイン。印刷された壁紙の色合いが異なります

いそいそと開封していきます

じゃじゃーん、新色のゴールドです。iPhone 8のピンクっぽいゴールドとは、また少し色味が違います。品が良く、多くの人に受け入れられそうなエレガントな雰囲気をたたえております

6.5型の有機ELディスプレーは細部までくっきり。大画面で、動画や写真などを見るときに効果を発揮しそう。これはぜひ実物を見てほしいですね

側面のステンレスも、ゴールドだといままでにない質感がありますね

とはいえ指紋がつきやすいので、こまめに拭いたほうがよいかも

カメラ部分の出っ張りはiPhone Xと変わらずといったところ

実際に持ちますと、狭額縁なので、意外にしっくり手に収まる印象もあります。ただ筆者は手が大きめなので、手が小さい人は実物を触ってから購入を検討したほうがいいかもしれません

iPhone XS(左)とiPhone XS Max(右)を並べてみると、やはりサイズ感はかなり違いますね

ちなみに同梱物はiPhone XSと同じです

純正レザーケースをつけてみる
iPhone XSはカメラ部分が(少しだけ)変わったので注意!

iPhone XS用、アップル純正のレザーケースも届いたので付けてみましょう

中は毛が貼ってあるような作りで、端末が傷つきにくいのです

当たり前ですがピッタリですね

端子部分はガバっと開いたような作り

カメラ部分もピッタリ……なのですが、実はここのサイズがiPhone Xと違うところ。iPhone XSは、カメラ部分がほんの少しだけ大きくなっているのです

これは「iPhone Xの純正ケース」にiPhone XSを入れてみたところ。iPhone X用のケースを付けると、穴とカメラの出っ張りがぴったり合わずに干渉してしまいます。カメラ部分を精巧に開けていないiPhone X用ケースなら流用できるかもしれませんが……注意したいポイントです

こちらはiPhone XS Maxの純正レザーケース

作りはiPhone XSのものと同じです

こちらもきれいにハマります。さすがは純正品、サイズがあわずにブカブカするなんてことはありません

側面はこのような作りになっています。着信/サイレントスイッチの部分だけ開けてあります。これはiPhone XS用も同じ

カメラ部分も、当然ジャストサイズ

 ……ということで、開封してみただけなのですが、やはり新色のゴールドは魅力的。光の当たり具合でブラウンにもピンクにも見える、なかなか品のあるカラーといえます。「iPhone Xじゃないぞ、XS(もしくはXS Max)を買ったんだぞ」と自慢しやすいこともあり(?)、人気が出そうな予感です。

 iPhone XS Maxのサイズ感も、実物を触るとイメージが変わるかと思います。iPhone史上最大の6.5型ディスプレー、そして“Max”という名前から、さぞかし手に余るのでは……と考えている人もいらっしゃるでしょう。しかし、縦長画面+狭額縁のスタイルを採用しているため、サイズとしては5.5型液晶のiPhone 8 Plus(78.1×158.4×7.5mm)とほとんど変わりません(iPhone XS Maxは77.4×157.5×7.7mm)。なので、「思ったより、大きすぎるとは感じないな」という印象もありますね。

 新しい色、新しいサイズを触ってみると、やはりほしくなるiPhone XSとiPhone XS Max。発売がより楽しみになりました。それぞれの端末の詳細はASCII.jpで今後もさらにお届け予定ですので、お楽しみに!


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう