週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

話題の「VRChat」にVIVE ProとVIVEトラッカーを使い全身でダイブ!VR体験が超快適に

 VIVEトラッカーを腰、足に装着すると、VRChatを起動するたびにキャリブレーションという作業が必要になります。とは言ってもVIVEトラッカーが白く光る玉として表示されているので、アバターの足、腰の位置に合わせてからコントローラーのトリガーを両方同時に引くだけ。慣れれば数秒で終わります。

アバターはそれぞれ体格差があるので、アバターを変更した場合には再度キャリブレーションが必要となります

 フルボディトラッキング環境では、頭と両手だけでなく、腰の動きや足の動きまでトレースされるので、寝転んだり、足を上げたりなどの姿勢も再現できます。VRChat内のクラブやカラオケで、素敵な踊りを披露するためには必須の装備と言えます。

気分転換にエクササイズしてみました。ヘッドセットとハンドトラッキングコントローラーだけではこんな姿勢はとれません

 今回フルボディトラッキングを初めて体験したのですが、かなり没入感が高まりますね。鏡の前などでいろんなポーズをとると、それがそのまま鏡の中で反映されるので、まるで本当にアバターに変身したかのような錯覚すら感じます。秘められた変身願望が目覚めてしまいそうです。ウフフフ。

フルボディトラッキングなら、お尻を突き出した愛らしいポーズもできちゃうの!

実際はこんな感じですけども……

VIVE Proならもっと広い空間で広々とVRChatを堪能できる!

 今回は諸事情により自宅でVRChatのフルボディトラッキングを試してみましたが、できればもっと広いスペースで体験したいですね。VIVE Proではベースステーション2.0を2台使用することで最大ルームサイズが6m×6mとなります。それだけのスペースを確保するのは日本の住宅事情的には困難ですが、できるだけ広いプレイエリアでVRChatを堪能したいものです!

ここはアスキーの会議室。このぐらいのスペースがあれば、周囲の家具や壁を気にせず、ぞんぶんに動き回れます

 ソーシャルVRサービスはVRにとってのキラーコンテンツ。せっかくVRChatを始めるなら、フルボディトラッキング環境を用意して、最高の体験を味わってみてください。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう