週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

プロも驚嘆「GODJ Plus」でDJたちと体験会をしてみた

 2016年、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、当時の国内最高額を叩きだしたのが、「GODJ Plus」。完全自律型のコンパクトなDJシステムだ。1292人から5300万円以上を集め、2017年3月にリリースされた。今もって、品薄状態が続いており、人気のほどがうかがえる。今回はそんな「GODJ Plus」をお借りできたので、体験してみた。

そこそこの広さの会場なら、この1台で十分盛り上げられそう

GODJ Plus
プラットホーム ハードウェア 企業名 株式会社JDSound
代表取締役 宮崎晃一郎 設立 2012年2月2日
取引形態 BtoC 料金 4万9800円(税別)

A4サイズだからDJ自身の手で手軽に会場に持ち運べる

 「GODJ Plus」は単体で動作して音まで出せる、完全自律型のDJシステムだ。2012年に発売されて人気を集めた「GODJ」の後継機となる。制作は株式会社JDSoundで、代表の宮崎晃一郎氏にインタビューした様子は「旧ウォークマンのものづくりを受け継いだDJオーディオ機器「GODJ Plus」秘話」で紹介している。

 今回は、「GODJ Plus」の実機をお借りできたので、レビューがてらハードウェアを体験してみようと思う。そして、実際に筆者が経営する原価BARで4名のDJにも触ってもらい、いろいろと意見をもらった。

 「GODJ Plus」は、A4サイズに収まるボディーにDJシステムを詰め込んだガジェットだ。W282×D40×H210mm、重量は1125gとコンパクト。インターフェースはマイク端子とヘッドフォン端子、LINE IN、Master OUT、USB端子を備える。microUSB端子は充電とPC接続用となる。

 操作は、2つのタッチパネルに加え、スピーカーの下にある各種ノブ、左右にあるピッチベンドボタン、縦フェーダーとクロスフェーダー、CUEボタンと再生ボタン、そして16個のサンプラーボタンで行なう。

GODJ Plusのシルバー

Makuakeでは5300万円以上を調達した

独立した2つの操作系統を搭載。中央には各種ノブとビートを刻むLEDが搭載されている

右側面には、右からmicro USB端子、USB端子、SDカードスロット、電源ボタンを備える

左側面には左から、Master OUTのRCA出力端子、LINE IN、マイク端子、ヘッドフォン端子を備える

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう