週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

日本最古の工学書を元に復活した「からくり人形」が6000円台

2017年09月05日 21時00分更新

 日本最古の工学書「機巧図彙」を元に再現したお茶を運ぶ江戸のからくりロボット「ミニ茶運び人形」を紹介します。

 江戸時代に人気のあった「茶運び人形」をおよそ200年前に出版された機巧図彙を参考に身長13cmで復活させた製作キットです。

 お盆に茶碗を乗せるとお辞儀をしながら動き出し、茶碗を取るとその場で停止。空になった茶碗を再びお盆に乗せると旋回して元の位置に戻ります。

 本体の組み立てに必要なものはプラスドライバーのみで、およそ30分で完成します。また、マガジンの巻末にはイラスト付きの説明書と組み立て方を収録したDVDも付属しています。

 アスキーストアでは6458円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう