週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

センサー認識で絵本を読み上げ『Sparkup』 in イスラエル

2016年09月07日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク第69回は、センサー技術を用いて絵本の読み上げができるソフトウェア『The Magical Sparkup Reader』だ。

 プレゼンしてくれたのは、SparkupのAaron Landis (アーロン・ランディス)シニアバイスプレジデント。同社の事業説明は動画をご覧ください。

 動画で説明していた『The Magical Sparkup Reader』は、高精度な文字認識センサーを搭載した絵本の読み上げリーダーだ。初代プロダクトは、子どものページめくりと、絵本の内容を読み上げることのできるデバイスで、すでに中国やブラジルなどで数千台以上の販売実績を持つ。現在開発中の次世代プロダクトは、読み上げにとどまらずクラウド上からコンテンツをダウンロードすることで、BGMや音声エフェクトなどの機能を追加。さらに進化したビッグデータ分析により、子供の読書スピードやエンゲージメントを分析することで家族や教育現場での活用を想定している。(動画提供:Aniwo)

■関連サイト
Sparkup
PitchTokyo

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう