週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

南端まいな×新井乃亜

アイドルネッサンス、「24時間ほとんど音楽を聴きながら過ごす」だから、こだわる

「染み付き派」だから原曲の歌い方にとらわれてしまいます

──お二人は1日の中でどのくらい音楽を聴きますか?

新井 私は、移動中とかもずっと聴いてます。

南端 私も、どこにいても聴いてます。学校の授業中以外は、登下校の時も家にいても……。1日暇があればずっと聴いてると思います。

新井 この2人はずっとイヤフォンしてることが多いですね。

南端 MCの確認とかする時はイヤフォンを外しますけど、普通に話している時なら2人ともイヤフォンしてるかも(笑)。

新井 ちょっと面白そうな話をしてそうだったら、片方外して「何?」みたいな(笑)。

──どんな曲を主に聴いてるんですか?

新井 私は結構いろいろ聴いちゃう人なんですよ。K-POPも聴くし、J-POPも洋楽も聴くし、これっていうのはないですね。気になるアーティストさんの曲を調べてて、ちょっとだけ聴いて、気になったのがあれば1曲まるまる聴く──みたいな。

南端 たまたま流れてきたやつを聴いて、「おーっ!?」と思ったやつを聴いたりしています。J-POPとかは特に。

新井 ボカロ曲もよく聴いてるイメージかも。

南端 うん。私は歌い手さんがすごい好きなので、気に入った人がいたらその人が歌っている曲を調べてとりあえずポンポンポンって聴いて、同じ曲を違う人が歌っていたらそれを聴いてってなっていくのですごく増えちゃいます。同じ曲を3、4人くらいの歌い手さんで聴き比べたりするのがすごい好きで……。この人はこうやって歌ってるんだ、この歌い方好きだなってなって、違う歌い手さんを聴いて、あーこの人の歌い方も好きだなってなって、どんどん楽しくなってきちゃいます。

──そうやっていろいろ聴き比べることが、歌い方に役立ったりもしていますか?

南端 すごいしています! 『金曜日のおはよう』はボカロ曲なんですけど、カバーさせていただく前から好きで、たくさんの歌い手さんのものを聴いていました。だから、「こういう歌い方あるんだやってみよう」って、どうやって歌おうかなって迷った時に参考にさせていただいています。

新井 私は、アーティストさんの真似をしちゃう癖があるんですよ。さっきもレコーディングでそれを怒られたんですけど……。アイドルネッサンスで歌っている曲はカバーなので、原曲の歌い方にとらわれちゃって抜け出せなかったりしてってことがあります。ただ、聴いているだけで染み込んでいくというか、いろんなアーティストさんからちょっとずついろんなことを吸収している感じがあって、「ここってあの人の歌い方に似てるかも」って思うこともあるので、知らぬ間に勉強になっているのかなって思うこともあります。

──カバーだから余計に原曲が染み付いちゃいますよね。

新井 そうなんですよ。それが問題なんですよね。私は本当に「染み付き派」なので……。逆に石ちゃん(石野理子)は「自己流派」なので早く歌ってほしいです。それを聴いて、あ、こうやって歌えばいいのかとか学ぶので(笑)。

南端 原曲をいちばん最初に聴くので、初めはそれしか知らないんですよ。石野が歌っているのとかを聴いて、あ、こうやってアレンジしていけばいいのかって自分なりにやってみたりしますね。

新井 私はモノマネが大好きなので……。昨日もmiwaさんの真似をして、それを録って、友達に送り付けました。

──あんまりステージではモノマネとかしないですね。

南端 メンバーといる時はよくやるんですけど、そういえばステージではやらないね?

新井 やっていいのかな? って思って(笑)。

南端 やっていいと思うよ。面白いし。しかも結構似ているんですよ!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう