週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

想像以上に便利!飲食店を勧めてくれる「ペコッター」を体験してみた

2016年06月22日 06時30分更新

 「ペコッター」はいわゆる人力Q&Aアプリのグルメ版。希望するお店の条件を書き込むと、他のユーザーが書き込んでくれるのだ。デザインもファンシーでゆるい感じのアプリだと感じたが、試しに使ってみてびっくり。想像以上というか、二回り以上すごいサービスで、超便利。今回は、グルメ好きに飲食店を教えてもらい、予約まで代行してくれる「ペコッター」を体験してみた。

お勧めのお店を教えてもらい、予約をしてもらい、後は美味しい食事を楽しむだけ!

ペコッター
プラットホーム アプリ・ウェブ(閲覧) 企業名 株式会社ブライトテーブル
代表 松下勇作 設立 2012年2月
取引形態 BtoC 利用料金 無料

 

ユーザー2万人超! 5分で回答がもらえるグルメQ&Aアプリ

 「ペコッター」はユーザー同士がオススメの飲食店を教え合うQ&Aアプリ。かわいいデザインが特徴で、アプリは無料。さっそくインストールしてみる。

 「ペコッター」を運営するのは、株式会社ブライトテーブル。「世界中の食卓を明るくにぎやかに」をスローガンに2012年2月に設立したスタートアップだ。2015年3月に「ペコッター」をリリースし、ユーザー数は2万人を突破。回答率は100%、平均5分以内に3~4件の回答が付くという。昨年末にはベンチャーユナイテッドを引受先する第三者割当増資も実施し、今年1月にはさらなる第三者割当増資も実施している。なかなかアグレッシブだ。

 アプリを起動したらチュートリアルが表示される。想像通り簡単に使えそう。ニックネームと性別、年齢、マイエリアを登録。「五反田」を登録したかったが、「目黒・白銀・五反田」とずいぶんざっくり。しかも、「西馬込」なんてどこに設定していいのかわからなかった。

ファンシーなデザインで、筆者のようなおっさんは使うのをためらわれるほど。反面、女子にはとても受けがよかった

ニックネームなどとエリアを選ぶ

まずは指示に従って「質問する」をタップ

ランチのお店を聞いたところ、予約の電話もかけてくれる

 早速、家族とランチに行く店を聞いてみた。大田区内で車、という条件を付けたところ、5分と言わず1~2分で次々と回答が寄せられた。回答を読んでいると、画面の下で「○名が回答入力中」と表示されるほど。このリアクションはすごい。もっと大手のQ&Aサイトでもここまでのスピード感はない。

 その中でとんかつが美味しそうだったので、この店に決める。店の横に「予約依頼」というタブがあるのでタップしてみると、メッセージを送信するだけで「ペコッター」が代わりに電話して予約してくれるという。スタッフが直接電話し、ペコッターで返信してくれているようだ。コンシェルジュサービスみたいなのに、無料アプリというのが不思議だ。

食事の状況を3つまで選択できる

エリアを選択し、知りたい店の情報を記入する

投稿完了

こんな感じで、質問一覧に掲載される

2分もしないうちに何件も回答が集まった。「予約依頼」というボタンをクリック

日時と人数を入力し、「送信」をタップ

名前と電話番号を求められるので入力すると、返事が来た。直接店に電話しているみたいだ

 しかし電話確認の結果、ランチは予約を受けていないということだったので、直接向かうことに。人気店のようで、すでに何人か並んでいるお客さんがいた。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう