週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

東南アジア系のエナドリからお茶まで7種類一気飲み!

2016年06月09日 18時30分更新

インドネシアから中国まで!
ワールドワイドなドリンクを試飲!

 日々、ジャンクな食べ物、飲み物を求めているアスキー・ジャンク部。エナジードリンクはある程度の本数が溜まったら一気にレビューしようと、編集部の共用冷蔵庫に保存していたのだが……。無情にも冷蔵庫担当から「棚卸しするから、全部処分すっぞ!」と通達が。

 そんなわけで、大慌てでレビューすることになったスピーディー末岡とコジマ。久々にこのコンビがなし崩し的に出動することになった。

 今回のラインナップは7本。エナドリが5本にお茶が2本というラインナップだ。集中リゲインのみ、日本のエナドリ。レビューのために1ダース購入したものの、いつの間にか編集部オオタが飲みまくっており、最後の1本になっていた。

 それでは、1本づつレビューしていこう。

なんともカラフルなドリンクたちに、不安を隠せないコジマ


お茶なのにあまぁ~い!
「加多寶」

中国ではメジャーな甘いお茶「加多寶」

スピーディー末岡 中国だけでなく、香港、台湾、タイでもメジャーな甘いお茶だね。この組み合わせは人によってはダメみたいだけど、俺は好き。麦茶に砂糖入れて飲んだことがある人には懐かしいかも。

コジマ うわ! これ甘過ぎじゃんないですかね!? プーアル茶にガムシロップ入れたみたいな。ちょっとボクはダメですね。

炭酸が入っていないレッドブル
「RedBull」

編集部の誰かが中国出張のついでに買ってきたらしい「RedBull」

スピーディー末岡 海外では炭酸ナシのRedBullのほうがメジャーなんだってね。味はリポビタンDを濃くした感じで、なんとなく効きそうな感じ。ただ、激甘なので血糖値がぎゅんぎゅん上がってる気がする。

コジマ ボクが知ってるRedBullじゃない! 日本のヤツは飲みやすくなっているということがわかります。シロップタイプの風邪薬を飲んでるような気になります。全部飲むのは無理です。

中国ではドメジャーな甘いお茶
「王老吉」

加多寶とは政治的に分裂したらしい「王老吉」。中国で売ってないところを探す方が難しいくらいメジャー

スピーディー末岡 あ! これ中華街で売ってたよ! もともと「加多寶」と「王老吉」は同じ会社が作ってただけあって、味は大差なし。お茶にシロップの風邪薬を入れた風味を楽しめるのであればアリ!

コジマ ま~た、この味ですか。だんだんサロンパスのお茶を飲んでる気になってきました。一口二口はいいですが、この缶をすべて飲み干すのは不可能です。

集中力を高めたいときに!
「集中リゲイン」

サントリーフーズからリリースされている「集中リゲイン」。24時間戦えますか?のリゲインの系譜。テアニン100mg配合がウリ

スピーディー末岡 ようやく炭酸入り。結構苦みが強いね。その苦みが後味として口の中に広がるので、むしろ喉が渇く。でもかなりエナジー感はあると思う。本当に集中できているかどうかは不明。

コジマ たしかにRedBullみたいなオーソドックスなエナドリに比べると、味に特徴があります。そして苦い。この苦みでシャキっとするので、それが集中力に繋がるのかな?

インドネシア発のエナドリ
「hemaviton Energy PASAK BUMI」

インドネシア産のエナジードリンク「hemaviton」。今回で一番強烈だったドリンク

スピーディー末岡 これ、知り合いからインドネシア土産としてもらったんだけど……。強烈な味だね。缶の色のごとく味はグレープ。しかも昔、駄菓子屋で売ってた粉のグレープジュースってあったじゃない? あれを炭酸で割った感じ。エナジー感よりもそっちのインパクトが強い。

コジマ 甘い! けどこのケミカルな感じが結構お気に入りです。たしかに駄菓子っぽい味ですね。ファンタグレープをレッドブルで割ったような……。

インドネシア発エナドリのオリジナル
「hemaviton Energy」

こちらもインドネシア産のエナジードリンク「hemaviton」。PASAK BUMIと比べるとスタンダードなエナドリ

スピーディー末岡 色が真っ黄色だけど、意外と普通のエナドリ。炭酸入りレッドブルをさらにケミカルにした味。成分表がまったく読めないんだけど、何が入っているんだろうか……

コジマ 日本のRedBullのような爽快感がなくて、甘さが口に残りますね。これなら先ほどのPASAK BUMIのほうがパンチ効いてて好きです。

これぞRedBullの始祖!
「kratingdaeng」

RedBullはこのドリンクを元に作られたという。その名も「Krating Daeng」。タイ語で赤い牛ってそのまんまですな

スピーディー末岡 RedBullはオーストリア産、こちらはタイ産。成分的にはこちらのほうが強力らしいんですけど、飲んだ感じ、普通の炭酸抜きRedBullと変わらず。つまりリポビタンD。でも圧倒的に安いんですよ。タイに行ったとき、コンビニで見かけたんだけど、日本円で40~50円くらいだった。箱買いしそうになったね。

コジマ 中国土産のRedBullよりも飲みやすいような気がします。冷蔵庫で冷えてたせいか、ゴクゴク飲めちゃう。パッケージイラストも同じで紛らわしいですね。

2人のお気に入りのドリンクは?

 一気に7本飲んでお腹がタプンタプンな2人に、今回の推しドリンクをチョイスしてもらった。

スピーディー末岡 日本でも購入できる手軽さ、かといって日本ではなかなか出会えない味ということで、「王老吉」を推したい。今度病気になったときに飲んでみようと思う。

コジマ ボクはインドネシア産の「hemaviton Energy PASAK BUMI」です! 懐かしい駄菓子屋の味、それでいてしっかりエナドリしているのもポイント高いです。甘さも後に引く感じじゃないのが好感触です。

ごちそうさまでした!

 なお、今回通りがかった編集者たちにも試飲してもらったのだが、みんな手厳しいコメントだったので割愛したい。その表情から、読み取ってほしい。

グルメ系担当のナベコ

飲んだあとにすぐに成分をググりだすナカムラ

いつも病人のような顔のオオタ

ゲーム担当のちゅーやん。ゲームの役に立ったかな?

若手編集者、サンキュースズキは終始こんな顔

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう