週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PlanB、要望どおりのディナーを食通コンシェルジュが選定予約

2016年04月07日 07時00分更新

「ガチっとスタートアップ」は、ガチ鈴木が日々の取材で見つけたスタートアップの中から、個人的にググッときたサービス、プロダクトを紹介するコーナーである。

『PlanB』はとっておきの飲食店の情報をユーザーが案内してくれるCtoCのダイニングコンシェルジュサービスだ。スマホゲームなどを手掛けるドリコムの新規事業として、2016年3月23日にリリースされた。

 ゲストユーザーの希望するシチュエーションに合わせた飲食店の選定から予約までを、その街をよく知るコンシェルジュと呼ばれるユーザーが行なってくれる。コンシェルジュはアレンジ料として、1回の支援に対して料金500円~を設定できる。

 ゲストはまず、この人に頼みたいというコンシェルジュに相談。依頼したコンシェルジュから、希望に沿ったアレンジのプランが送られてくるので、細かい要望などをチャットで伝えながら、最終的なプランをひとつ選択する。あとは当日、お店に行って食事を楽しむだけ。

 コンシェルジュは誰でも登録が可能だが、しっかりとお店を提案できる知識が必要になる。年間300軒の食べ歩きが趣味という人だけでなく、この街ならだれにも負けないほどお店を知っている人、長年に秘書業務をしてきて特定エリアならTPOに合わせた飲食店選びができる人など、多数のコンシェルジュに登録されている。

 利用料は必要になるので自分でお店を探して予約するよりも少しだけ割高にはなってしまうが、ネットに載っていない情報に出会える可能性があるなど価値は高いだろう。記念日の特別なディナーや失敗できない仕事の会食、旅先でその土地ならではの食体験がしたい時など、サービス開始の背景にもある“最高の体験”をアレンジしてもらえそうだ。

■関連サイト
PlanB

お詫びと訂正:掲載当初、記載に誤りがありました。該当部分を訂正すると共に、読者の皆さま、関係者の皆さまにお詫び申し上げます。(2016年4月7日)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう