週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

食べておいしかったらクラウドファンディングで出資も!

年間200頭の希少肉「舞豚」しゃぶしゃぶを食べられる店が上野に

2016年01月05日 17時00分更新

舞豚の名前の由来は3つ

気になる舞豚のネーミングには、

・大切に育てたMy(マイ)豚。
・島原市“舞岳”中腹の農場育ち。
・お鍋の中で肉が“舞う”。

という3つの意味が込められているんですって。

 お鍋の中で肉が舞うことが名前の由来のひとつにもなっているように、上品な味わいの舞豚はしゃぶしゃぶで食べるのが一番オススメなんですって。うん、おいしかったですもの。

 Makuakeでは1月20日まで、こちら『長崎しまばら しゃぶしゃぶ 舞豚』の食事コースや、舞豚が自宅に届くリターンを用意したプロジェクトを実行中。

 すでに目標額である50万円は達成しているので、プロジェクトは成功。支援すれば必ずリターンがかえってくるという保証付きです。

 なお、『長崎しまばら しゃぶしゃぶ 舞豚』は、ランチタイム営業もやっており、『舞豚セイロ蒸ししゃぶランチ』(1000円)、『舞豚丼ランチ』(980円)、『舞豚ミルカツのランチ』(980円)などを提供しています。年明けの営業開始は、ディナータイム営業は1月5日からで、ランチタイムは未定。

 希少で上品なおいしさの舞豚。次はランチタイムに行って、上品に舞豚のカツも食べたいなと思った記者ナベコでした!

「次はランチも来てみたい!」

『長崎しまばら しゃぶしゃぶ 舞豚』(東京・上野御徒町店)
・住所:東京都台東区上野3-16-3田口ビル1階
・営業:ディナー17時~24時(年始は1月5日~)、ランチ11時半~14時半(年始は未定)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう