2019年11月06日12時00分

LINEのちょっとした使いづらさを解消する小技10選

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

【LINEの小技 その4】
入力し終わったあと改行キーで送信できるようにする

 LINEで文章を送る際、1行もしくは1段落で入力し、送信する人は多いだろう。筆者もこのタイプ。そうすると、最後の文字を確定して送信するのは、改行キーでしたいもの。しかし、右上の飛行機マークをタップして送信しなければならないのは、いちいち面倒だ。

 そんな時は、ホーム画面から「設定」を開き、「トーク」をタップ。「改行キーで送信」のスイッチをオンにすればいい。改行キーが「送信」キーに変わるので、手軽に投稿できるようになる。

 ちなみに、1行書いて改行して1行書いて改行するような文章を書く人が、改行キーを押すだけで送信されてしまい、怒っているところにも遭遇した。どちらにせよ、この設定があることは覚えておいたほうがいいだろう。

308
設定で「改行キーで送信」をオンにする
308
改行キーが「送信」キーに変化した

【LINEの小技 その5】
異なる相手に誤送信しないために背景を変更する

 メールと違ってLINEは直前のやりとりが表示されるので誤爆はしにくい。とはいえ、注意力が散漫だとミスをしかねない。送ってはいけない人に、送ってはいけない内容を送信したときの被害は計り知れないので、あらかじめ対策をしておきたい。

 オススメは、トークルームの背景を設定しておくこと。標準ではブルーのシンプルな背景だが、相手によって変えておけばいい。トークの設定画面から「背景デザイン」を開き、デザインを変更する。LINEが用意しているデザインから選ぶだけでも大きな差別化になる。

 手持ちの写真を設定できるので、見映えを気にしないなら、相手の顔写真などを背景にする手もある。

308
「トーク設定」から「背景デザイン」をタップする
308
「デザインを選択」をタップする
308
デザインを選択する
308
背景が変わるので、間違った相手に送る前に気がつける

【LINEの小技 その6】
特定のグループや相手を上部に表示させておく

 多数のトークやグループに参加していると、ちょっと投稿がなかった相手が下に落ちてしまう。特に見ていない企業のアカウントに埋もれてしまうのが嫌なら、ピン留めしておくといい。

 トークの一覧で、右にスライドするとピンマークが現れるので、タップしよう。これだけで、画面上部に表示され続けるので、埋もれなくなる。ちなみに、複数のトークをピン留めすることもできる。

308
トークをスライドして、ピンマークをタップする
308
画面上部に固定表示されるようになった

【LINEの小技 その7】
メモしておきたい情報は「keep」に保存する

 トークで流れてきたオススメ飲食店のURLや綺麗な写真、仕事で受け取った書類ファイルなど、後でもう一度見る可能性のある情報は「keep」に保存しておくと便利。自分だけの機能なので「keep」保存したからといって、相手に何か通知されることはないので安心して使おう。

 メッセージを長押しして「keep」をタップ。選択画面が開くので、保存したい投稿を選択したら「保存」をタップする。保存した情報には、自分のプロフィール画面に表示されている「keep」アイコンからアクセスできる。

308
保存したい投稿を長押しして「keep」をタップする
308
選択したら「保存」をタップする
308
プロフィールの「keep」から保存した情報を表示できる

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking