2019年10月25日10時00分

ファーウェイの超巨大なフラッグシップストアが深センに誕生

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

意外となかったファーウェイの旗艦店

467
深センにオープンしたファーウェイのフラッグシップストア

 中国・深センにはスマートフォンメーカー各社がフラッグシップストアをオープンさせています。シャオミ、OPPO、Vivoが巨大な店舗を構える中で、中国国内シェア1位のファーウェイはこれといって大きな店は出していませんでした。しかし2019年9月、ついに巨大なフラッグシップストアをオープンさせたのです。しかも場所はシャオミのフラッグシップ店の向かい。はたしてファーウェイはどんな店を出したのでしょうか?

467
オフィス街でもある万象天地の一角に店を構える

 ファーウェイのフラッグシップストアがオープンしたのは深センの西部の南山地区。地下鉄Hi-tech Park(高新園)駅A出口を出てすぐのショッピングモール「万象天地」の中。ここはオフィス街にもなっています。ファーウェイの店舗は1階と2階がガラス張りになっており、3階にはテラスもあります。

467
ガラス張りで開放感ある空間

 端末はほぼすべてが「HUAWEI Mate 30」と「HUAWEI Mate 30 Pro」。この2機種が同じ色でセットになって置かれており、2機種を比べたり、別のカラバリを試したりもできます。このあたりのディスプレイ方法はアップルストアとはちょっと異なりますね。端末のスペックなどもすべて端末内に表示しており、テーブルの上には端末以外のモノは一切ありません。

467
最新フラッグシップモデル2機種を同色ペアで展示

 スマートウォッチもずらりと実機が並べられています。もちろんすべてその場で試着が可能。ベルトも豊富な種類が置いてあるので、ファッションにあわせてコーディネートすることも可能。Huawei Watchシリーズは電池の持ちもよいことから売れ行きがいいようで、この日も見ているその場で数個が売れていました。

467
Huawei Watchも自由に試せる。ベルトの種類は多い

 ノートPCの展示エリアではファーウェイスマートフォンとの連携操作も試すことができます。連携機能の使い方は最初に説明を受けないとちょっとわかりにくいもの。ここなら買った後から訪問してスタッフに使い方を教えてもらうこともできます。

467
ノートPCのMateBookシリーズはスマートフォン連携もデモ

 他にもリストバンド型の「Huawei Band」や、ファッショングラスブランド「Gentle Monster」とコラボした眼鏡型のBluetoothヘッドセットなどのウェアラブルデバイスも試せます。なお、Gentle Monsterの眼鏡は完売中。入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気だとか。

467
Huawei Bandもベルトバリエーションを楽しみながら試せる
467
Gentle Monsterの眼鏡はつるの耳が当足る部分にスピーカーが内蔵されている

 2階に上がるとこちらにはHarmony OSを搭載したファーウェイ初のスマートTV「Huawei TV」が出迎えてくれます。スマートTVなので単体でネットアクセスや番組購入が可能。さらにファーウェイのスマートフォンとワンタッチでワイヤレスディスプレー機能を楽しめます。

467
Huawei TVはスマートフォン連携も可能。リモコンで音声コントロールもできる

 またスマートフォンはnovaシリーズなど、1階には展示されていなかった現行モデルを展示。フラッグシップストアということでやはり最新機種を試してもらいたいという展示内容になっているのでしょう。

467
Novaシリーズは2階に展示されている

 2階には充電台やケース、FreeLaceなどのヘッドセットなども展示。JBLのヘッドフォンも販売されているなど、サードパーティーの製品もちらほらと売られています。ケースは全機種全モデルが揃っているようではありませんでしたが、せっかくなら「ここに来れば何でも買える」品ぞろえにしてほしいものですね。

467
FreeLaceはカラバリも豊富。2階では様々なアクセサリーや周辺機器も販売

 そして3階に上がると開放的な空間が広がっています。ここはぜひ夜に訪れたいもの。周りの高層ビルの夜景を見ると、深センの発展そのものを感じられるからです。一角には5G体験コーナーがありました。そこらくここはイベントスペースとして使われるのでしょう。

467
3階からの夜景も絶景だ
467
5G体験コーナーではギガビット通信を体験できる

 店内を堪能して外に出れば、ケースや周辺機器の自動販売機もあります。残念ながら中国のWeChatペイとアリペイしか使えませんが、24時間いつでも買えるのはさすがフラッグシップストアならでは。いずれはスマートフォンもここで売ってほしいですねえ。

467
店舗外にはケースなどを販売する自販機もある

 実はすぐ斜め向かいにはシャオミのフラッグシップストアもあります。深センに来たら電脳街だけではなく南山まで足を延ばしてフラッグシップストア巡りをしてみてはいかがでしょうか?

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking