2019年10月11日12時00分

ゲームもカメラもエンタメも欲張りな「Xperia 5」がドコモに登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.1型のアス比21:9で持ちやすい
ソニーモバイル「Xperia 5」

 9月のIFA2019で発表された「Xperia 5」がドコモからもリリースされる。発売日は11月1日を予定。価格は8万円前後(税抜)でスマホお返しプログラムの対象機種になる。

Xperia5

 「Xperia 5 SO-01M」は、今年2月のMWC19 Barcelonaで発表された「Xperia 1」の兄弟機種で、ドイツのIFA2019でお披露目されて話題になったモデル。ディスプレーが6.5型のXperia 1に対し6.1型とダウンサイジング、横幅が72mmから68mmにシェイプアップされて、より握りやすくなっている。小型化しつつもスペックはXperia 1とほぼ同等という特徴を持つモデルだ。

 ディスプレーは6.1型有機EL(1080×2520ドット)で、アスペクト比は21:9と変わらず。Xperia 1でディスプレーの美しさを実現していた高画質化エンジン「X1 for mobile」、標準規格(SDR)の映像をHDR相当の美しさに変換する「HDRリマスター」、BT.2020の色域などに対応した「クリエイターモード」もそのまま採用されている。

Xperia

 スペックをチェックするとSoCはSnapdragon 855、メモリー6GB、内蔵ストレージ64GBで、バッテリー容量は3000mAhで、OSはAndroid 9を搭載する。

 サイズは約68×158×8.2mm、重さは164gで、カラバリはブラック、グレー、ブルー、レッドの4色をラインナップ。

Xperia

 カメラは3眼で、配置は背面左上になった。構成はアウト側が約1220万画素(F値1.6)+約1220万(望遠、F値2.4)+約1220万(超広角、F値2.4)、イン側が約800万画素と変化はないが、センサーの違いにより960fpsのスーパースローには対応していない(120fpsでは撮影可能)

 カメラ機能では画像解析技術を使ってミスショットを軽減してくれる「撮影アドバイス機能」が追加された。指の映り込みやフォーカスのズレなどを指摘してくれるので、せっかく撮った写真が失敗していたということも少なくなるだろう。また、UIが独特だった「シネマプロ」モードもアップデートされ、撮影しやすくなったとのこと。

Xperia

 21:9の縦長画面を利用したマルチウィンドウが進化し、たとえば地図アプリを起動中にメッセージの通知が来た場合、マルチウィンドウ起動ボタンを押せば自動的に地図とメッセージに分割されるなど、ワンタッチでの起動が可能になった。

 Xperia 1から「ゲームエンハンサー」も引き継ぐが、ボイスチェンジャー、オーディオミキサー、電話の通知オフ、カメラキーの無効化、高速連写のスクリーンショット、検索ウィンドウのサイズ変更といった機能が追加された。Xperia 1にもアップデートで追加されるようだが、Xperia 5は最初から機能が満載なのはうらやましいところ。

 そのほか、フルセグ・ワンセグ、防水・防塵、おサイフケータイといった機能も網羅している完成度の高い端末だ。

Xperia
ドコモ「Xperia 5 SO-01M」の主なスペック
メーカーソニーモバイル
ディスプレー6.1型有機EL(21:9)
画面解像度1080×2520ドット
サイズ約68×158×8.2mm
重量約164g
CPUSnapdragon 855
2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリー6GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXC(最大512GB)
OSAndroid 9
最大通信速度(下り/上り)1576Mbps/131.3Mbps
VoLTE○(HD+)
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラアウト:約1220万画素(F値1.6)
+約1220万画素(超広角、F値2.4)
+約1220万画素(望遠、F値2.4)
/イン:約800万画素(F値2.0)
バッテリー容量3000mAh
FeliCa/NFC○/○
ワンセグ/フルセグ○/○
防水/防塵○/○
生体認証○(指紋)
USB端子Type-C
Qi×
カラバリブラック、グレー、ブルー、レッド
発売時期11月1日

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking