2019年10月03日10時00分

ノキアも投げ売りされるブダペストの量販店でウハウハお買い物

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

イベント取材ついでにブダペストで携帯探し

463
ブダペストでスマホ、じゃなくケータイを購入

 9月下旬にハンガリーの首都、ブダペストを訪問しました。ITU(国際電気通信連合)のTelecom World 2019の取材です。主に新興国の通信をどうしようかという話題が多いため、取材は1日のみ。その足でブダペスト市内のショッピングモールに立ち寄ってスマートフォンを物色してみました。

463
ブダペストの中心部。旧東欧的な雰囲気

 ブダペスト西駅(Budapest-Nyugati)に隣接する「WestEnd」は、平日のみならず週末も朝10時から夜20時まで営業している巨大なショッピングモール。この中にはサムスン電子の専門店や家電量販店「MediaMarkt」も入っています。もちろん買い物は何でもできますしファストフード店なども入っています。ブダペストで買い物をしたかったらここに来るのがよさそう。

463
巨大な空間のWestEnd。何でもそろう

 ちょうどこの日はGalaxy Note10のキャンペーンをやっていました。スタンプを集めて何かもらえるのですが、時間がないのでパス。平日昼間でしたがそこそこにぎわっていました。

463
Galaxy Note10のキャンペーン中。サムスンの店もあるけどこちらでも大々的な展示

 さて、モールの1階を歩いてみると、携帯ショップが結構見つかります。もちろんキャリアの店もあるのでプリペイドSIMを買うことも可能。とはいえ、筆者はドイツからハンガリー入りしたので、ドイツのSIMをそのまま使いました。EU圏内はローミング料金が撤廃されたため、他国のSIMがそのまま同じ料金で使えるのです。

463
見慣れたキャリア発見。Vodafoneハンガリーのお店もある

 携帯ショップはもちろんスマートフォン販売がメインですが、ケースもかなり種類が揃っています。機種を見るとiPhoneよりもサムスンのほうが多い感じ。また、LGエレクトロニクスやシャオミを揃えている店もよく見かけました。

463
モールの1階には携帯ショップも多い

 携帯ショップでは中古スマートフォンも売られていますが、品ぞろえは圧倒的にサムスンばかり。ミッドレンジモデルも多く、このあたりはハンガリーの所得を考えると売れ筋製品はハイエンドより1つ下のモデルということなのでしょう。

463
中古スマホはサムスンが多い

 気になってネットでハンガリーのスマートフォンメーカー別シェアを調べると、1位サムスンで約3割、2位ファーウェイ、アップルは3位で約2割、以下大きく引き離されてシャオミ、レノボ、ソニー、ノキア、LGが横並びでした。ということでソニーストアに行くと確かにXperiaが売られています。ソニーの看板を掲げていてもXperiaが売られていないこともあるのですが、ハンガリーでは健闘しているのですね。

463
ハンガリーではソニーがシェア10以内に入っている

 上のフロアへ行けばサムスンのお店があります。実は、ここから地下鉄で数駅のところにもサムスン専門店があるのです。やはりハンガリーではサムスンが強いのでしょう。とはいえ、ファーウェイの広告も見かけたので、今後はこの2社の戦いが厳しくなっていくのかも。

463
サムスンストアはGalaxy Note10やGalaxy S10、Galaxy Aシリーズ各種を販売

 スマートフォンの価格は他のヨーロッパとあまり変わらない印象を受けました。純正ケースが大量に販売されており、他の国よりも種類は豊富かもしれません。カメラが上下にモーターで動く「Galaxy A80」のプロテクトケースはここで初めて見ました。

463
ユーザー数が多いからかケースも豊富

 そしてヨーロッパでは各国で見かける家電量販店の「MediaMarkt」も同じフロアにあります。前述したようにスマートフォンの価格は他国とあまり変わりません。取り扱いメーカーも最近はどの国も大手メーカーの製品が増えているため珍しいものはあまり見当たらず。ヨーロッパで強かったWikoやArchosが見当たらなかったのは両メーカーの最近の勢いのなさが現れているのでしょう。

463
ヨーロッパではおなじみのMediaMarkt

 めぼしいものを見つけられないままレジ付近に進むと、透明なプラスチックのケースが山積みされています。MediaMarktや同系列の「Saturn」でよくある、展示品などの処分コーナーです。ドイツのSaturnではすっかり見かけなくなったのですが、ハンガリーではまだこうして旧モデルなどが格安販売されているみたいですね。うれしいことにスマートフォンや携帯電話もあります。

463
スマホの掘り出し物がある? 処分コーナーで物色してみた

 スマートフォンは「Nokia 2」など低価格モデルしかなく、あまり食指が動かなかったのですが、フィーチャーフォンはいいものを発見しました。まずはバナナフォンこと「Nokia 8110 4G」。18000ハンガリーフォリント(約6400円)は悪くない価格です。大量にあったのですが、普段使いするにはちょっと使いにくいのかもしれません。一方、タフなボディーの端末はMyPhoneの「Hanmar 2+」。こちらは3G対応で展示品ですが5000ハンガリーフォリント、なんと約1800円です。先進国でも使えるケータイが2000円以下だなんてちょっといい買い物でした。

463
MediaMarktで買ったケータイ。2台で8000円ちょっと

 ブダペストは空港から市内中心部までの空港バスが10~20分おきに出ています。市内はトラムや地下鉄の1日乗車券もあり移動もラク。ヨーロッパ旅行のついでにハンガリーに立ち寄ったら、ぜひこのショッピングモールに立ち寄ってください。MediaMarktでは掘り出し物に出会える可能性大です。

463
トラムが走る街は移動しやすい

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking