2019年10月01日21時00分

ミニLED搭載iPadとMacBook、2020年から2021年に発表か

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 アップルはミニLEDディスプレーを搭載したハイエンドな新型iPadとMacBookの開発に取り組んでいる。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を9月30日に発表した。

 クオ氏によると、2020年第4四半期から2021年第1四半期にかけてミニLEDディスプレーiPadが、そこから第2四半期までのあいだにミニLEDディスプレーMacBookが登場するという。

 さらにこれらはiPad ProやMacBook Proの後継機種ではなく、次の世代のモデルになるとのこと。

 ミニLEDは従来のLEDと比較して小さいためより多くの数を搭載でき、その結果明るく鮮明な映像を表現できる。また、薄型化も可能になり、有機ELディスプレーで問題となっていた画面の焼き付きの影響も受けにくいとされる。

 そのうえ現在ほぼサムスンが独占している有機ELディスプレーと比較して、ミニLEDディスプレーはより多くのサプライヤーからの供給が見込めるため、コストダウンも図れるということだ。

 良いことづくめのミニLEDディスプレーだが、問題はやはり値段。コストダウンができても新しい技術のため高いものは高い。はたしてミニLEDディスプレーiPadはいくらになるのだろうか。


筆者紹介:篠原修司

shinohara

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking