2019年09月17日16時50分

神戸大学 ISWC 2019でVRやARで読みやすい文字の研究成果を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 神戸大学は、ロンドンで開催されたウェアラブルコンピューティング分野の国際学会「ISWC 2019」において、研究成果を登壇発表した。今回のテーマは、ウェアラブル端末を使用する際、「動きながら読む」行動に適したフォントの可読性・可視性。VRヘッドセットやARグラス、MRデバイスを想定したフォント選定などに役立つ可能性がある。

 研究にはDTP用フォントなどを開発・提供するモリサワが協力しており、比較対象となるフォントの選定や提供をした。

 神戸大学大学院 工学研究科電気電子工学専攻 教授の寺田努氏のチームが研究成果を発表。テーマは「頭部装着ディスプレイでの画面揺れを考慮したフォントの可読性・可視性(Readability and Legibility of Fonts Considering Shakiness of Head Mounted Displays)」。ウェアラブル端末を使用した際、階段昇降や歩行によって生じる「揺れ」を想定し、どのようなフォントであれば読みやすいか、などをまとめた。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking