2019年09月11日06時15分

常時表示が可能でコンパス搭載の「Apple Watch Series 5」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アップルが10日(現地時間)に発表した、「Apple Watch Series 5」の詳細を紹介する。なお、すでに予約受付中で発売日は9月20日。価格はGPS版が399ドル(約4万2000円)、GPS+セルラー版が499ドル(約5万3000円)と発表されている。

watch

 スマートウォッチのメインストリームを突き進むApple WatchがSeries 5へと進化した。これまではできなかったディスプレーの常時表示(Always-On Retina)が可能になり、さらにそのまま18時間駆動する。これで時間や通知を見たいときに、いつでも見られるようになった。

 常時点灯は、LTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)や新型センサーはじめとする効率アップした低電力システムによって実現したとのこと。

 また、コンパスが搭載されたのも大きなトピック。Apple Watch Series 5で方位、傾斜、緯度、経度や高度など確認でき、ウォッチフェイスでは時間とともにコンパスの情報も同時に表示可能。マップアプリとも連動し、自分の向きをチェックできる。

watch
新搭載のコンパス
watch
マップアプリとも連動

 セルラーモデル限定だが、国際緊急通報(International Emergency Calling)に対応。Apple Watch Series 5単体で、世界各国で緊急通報ができる(iPhoneはなくても可)。落下検知機能もあり、激しい落下後に緊急通報をしてくれる。

watch
International Emergency Callingでもしものときも安心

 OSはwatchOS 6を搭載。ヘルス系アプリや女性向けの周期記録アプリなどが追加された。常時点灯とあわせて、常に自分のカラダの状態を把握しやすくなっている。

watch
女性の月経周期をトラッキングするアプリ

 カラバリはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色。素材をアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミックから選べるようになった。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking