2019年08月29日18時00分

ソニー、AI活用AF機能などを強化したAPS-Cミラーレス一眼デジカメ「α6600/α6100」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー、α6600/6100
「α6600」(キットレンズの「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」装着時)

 ソニーは8月29日、APS-Cミラーレス一眼デジカメ「α6600」と「α6100」を発表した。α6100は10月25日、α6600は11月1日の発売が予定されている。

 α6600は、有効およそ2420万画素のAPS-Cサイズ撮像素子を採用。同社のフルサイズ一眼デジカメと同様の画像処理エンジンを搭載することにより、従来機「α6500」のおよそ1.8倍の演算処理を実現、高精度や高速なAFを実現。動画撮影時の瞳AF、撮影中に被写体を追尾AFするリアルタイムトラッキングなど高度なAFにも対応した。ボディ内に5軸光学手ブレ補正を備え、シャッター速度5段分の補正が可能。

ソニー、α6600/6100
α6600の前面/背面

 本体には180度チルト可動式液晶ディスプレーを備え、タッチ操作によりAFが自動で追従するタッチトラッキングなどの機能を備える。また、高容量「Zバッテリー」に対応し、ビューファインダー使用時はおよそ720枚という大量撮影が可能。実売予想価格はボディ単体で176000円前後。

ソニー、α6600/6100
「α6100」(ホワイトとブラックの2カラーが用意される) 

 α6100は、有効およそ2420万画素のAPS-Cサイズ撮像素子を採用。α6600同様に瞳AFやリアルタイムトラッキングに対応し、可動式液晶ディスプレーによるタッチ操作も可能。α6600と比べるとボディ内手ブレ補正を備えていないが、実売予想価格は9万9000円前後と手頃な価格に抑えられている。α6600/α6100ともにボディ単体、レンズキットが用意される。

ソニー、α6600/6100
「E 16-55mm F2.8 G(SEL1655G)」
ソニー、α6600/6100
「E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)」

 また、APS-C対応αシリーズ用のGレンズとして新たに2本が追加された。大口径標準ズームレンズ「E 16-55mm F2.8 G(SEL1655G)」は、ズーム全域において開放絞り値F2.8と明るく、重量およそ494gの軽量設計。価格は16万8300円で、10月25日発売予定。

 超望遠ズームレンズ「E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)」は、35mm判換算で105~525mm相当までカバーする超望遠ズームレンズ。重量およそ625gと軽量に収まっている。価格は11万9900円、10月25日発売予定。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking