2019年08月15日18時00分

「スター・ウォーズ」ファンなら見逃せない世界巡回展が品川で開催

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
201908starwars

「スター・ウォーズ」ファンなら見逃せない世界巡回展
「STAR WARS Identities: The Exhibition」品川で開催

 スカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」の完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が12月から全世界で公開される。これを記念した世界巡回展「STAR WARS Identities: The Exhibition」(スター・ウォーズ アイデンティティーズ)が、アジアで初めて日本展として東京都品川区の寺田倉庫G1-5Fにて開催されている。

 この展示会では、映画で使用された衣装やプロップ、各種コンセプトアートなど200点以上の貴重な展示が見られるほか、来場者が質問に答えていくことによって、その人のアイデンティティが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができる、インタラクティブ・クエストなどが楽しめる。

201908starwars
「STAR WARS Identities: The Exhibition」

日本は「スター・ウォーズ」のふるさと

 展示会に先駆けて報道陣向けに開催された内覧会では、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクターのレイラ・フレンチ氏と、日本展アンバサダーを務める市川紗椰さんが挨拶を行なった。

 レイラ・フレンチ氏は「この展示会の東京での開催はアジアでの初開催となります。日本は「スター・ウォーズ」のふるさとのようなところであり、日本の文化に多大な影響を受けているだけでなく、多くのファンがおり、今回日本でこの展示会を開催できることをたいへんうれしく思っています」とコメント。

 市川紗椰さんは「一足早く回りましたが、一言で言うと最高でした。「スター・ウォーズ」といえばという展示や、マニアにはたまらない展示もあり、大充実しています。特にオススメなのがインタラクティブクエストで、リストバンドを付けて質問に答えていくのですが、心理学に基づいた質問で形成されているので結果に驚くと思います。このクエストは真剣に答えるようにして、楽しんでもらえたらと思います」と語った。

201908starwars
201908starwars
ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクターのレイラ・フレンチ氏と日本展アンバサダーを務める市川紗椰さん

アナキンとルークの物語を振り返る、貴重な展示品

 スター・ウォーズ アイデンティティでは200点を超える衣装や資料などが展示されている。中には、今回初めて展示されるものや、これまで公開されていないキャラクター設定にいたるまでのコンセプトアートなどが多数展示されている。これらの展示品は、今後ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵される予定で、これだけの規模で展示されるのは、日本では最後の機会となる。

 展示品は、旧6部作のルークやアナキンの物語を振り返りながら、実際に映画で使用された衣装やプロップを展示。これまでの「スター・ウォーズ」サーガの世界に存分に浸ることができる。ファンはもちろん、「スター・ウォーズ」にそれほど詳しくないという方も、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」に向け、スカイウォーカー家の歴史を辿るにはうってつけの展示会となっている。

201908starwars
3画面パノラマによる映像での「スター・ウォーズ」紹介
201908starwars
ストームトルーパーやロボットたち。BB-8とファースト・オーダーのストームトルーパーはレプリカだが、ボバ・フェットなどは実際に映画に使われたもの
201908starwars
C-3POはエピソード3、R2-D2はエピソード4で実際に使われたものを展示
201908starwars
エピソード1のポッドレースに登場したパイロットたち
201908starwars
ジャー・ジャー・ビンクスの設定画
201908starwars
ジャー・ジャー・ビンクスのコンセプトモデル
201908starwars
ジャバ・ザ・ハットの設定画。キャラクター案では足のあるジャバも考えられていたことがわかる
201908starwars
エピソード6に登場したジャバ・ザ・ハットのパペットのうち、現存する数少ないパーツであるジャバの眼。リモコン操作でさまざまな動きができる
201908starwars
ジャバに捉えられていた際のレイアの衣装
201908starwars
カーボンフリージングされたハン・ソロ。実際に映画で使用されたプロップ
201908starwars
「スター・ウォーズ」の中に登場する惑星のコンセプトアート
201908starwars
ヨーダのキャラクター設定。妖精のような姿も考えられていたようだ
201908starwars
エピソード5に登場したヨーダ。フランク・オズによって操演されたパペットと同じ型から作られたレプリカ
201908starwars
スター・デストロイヤーやタイ・ファイターなどの戦艦や戦闘機。スター・デストロイヤーはエピソード5で使われたものだが、エピソード4に比べて細かいディテールが必要となったため、3倍の大きさで作り直された
201908starwars
エピソード5の撮影で使われたミレニアム・ファルコン。小惑星の中を飛行するといった曲芸的な動きをするため、エピソード4の半分の大きさで作られた
201908starwars
ダース・ベイダーはエピソード6で使われたものを展示
201908starwars
ダース・ベイダーのヘルメットを外したマスク
201908starwars
パドメ・アミダラの衣装
201908starwars
レイアなど同盟軍の衣装。チュー・バッカも実際に撮影に使われたもの
201908starwars
ジェダイたちの衣装。エピソード3撮影用の中にルークの衣装も一緒に展示されている

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking