2019年08月06日21時20分

投手の肘故障を防ぎ、投球フォームを改善させるデバイスが上陸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
選手の故障を防ぐウェアラブルデバイスが日本で発売

 オンサイドワールドは8月6日、投球データ取得と機械学習に基づき、投手の肘のケガ予防と投球パフォーマンスを向上させるウェアラブルデバイス「motus BASEBALL(モータス ベースボール)」を発売すると発表した。

選手の故障を防ぐウェアラブルデバイスが日本で発売

 発売時期は9月上旬で、8月6日から公式サイトにて先行予約受付が開始。

選手の故障を防ぐウェアラブルデバイスが日本で発売

 motus BASEBALLは、投手がセンサーを搭載したスリーブを肘に着用して投球することで、投球動作の数値やトレーニング量、肘のストレス値データを取得して蓄積。効率的な投球パフォーマンスの改善や肘の故障の予防など、今後のトレーニングを一新するテクノロジーとのこと。

選手の故障を防ぐウェアラブルデバイスが日本で発売

 iOS向けスマホアプリの「motus THROW」をインストールして管理し、投げすぎによる故障問題の解決策になるという。多くの野球チームへの導入を期待しているとのこと。価格は3万2184円。‬

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking