2019年06月25日11時00分

レノボ、最新ThinkPad X1 Carbonはビデオ会議に力を入れたモデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
レノボPC

 レノボ・ジャパンは6月25日、「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」の2019年モデルを発売した。

 価格は、ThinkPad X1 Carbonは25万1640円から。ThinkPad X1 Yogaは26万5680円から。

 ThinkPad X1 Carbonは、ノートPCでも快適にオンライン会議などができるよう、マイクやスピーカーの機能を根本的に見直しているとのこと。ディスプレー上部のベゼル部分に4基の360度全方位マイクを搭載し、4m先の音声もクリアに集音するという。

 スピーカーは、キーボード面にツイーター、筐体底面にウーファーをそれぞれ2基配置。Dolby Atmosスピーカーシステムを採用し、臨場感のあるサウンドを実現しているとのこと。

 そのほか、セキュリティー面ではディスプレーの「のぞき見」を防止するThinkPad Privacy Guardの搭載が可能。IRカメラにも対応した開閉式のカメラカバーThinkShutterも標準搭載している。

レノボPC
レノボPC

 OSはWindows 10 Pro 64bit(日本語版)。CPUは第8世代インテル Core i7/Core i5。メモリーは最大16GB。ストレージは最大2TB SSD。

 ディスプレーは14型 HDR 4K IPS液晶(3840×2160ドット)/14型 WQHD IPS液晶(2560×1440ドット)/14型 FHD IPS液晶(1920×1080ドット)を用意する。

 インターフェースはUSB Type-C×2、USB 3.1×2、HDMI、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック、イーサネット。

 バッテリー駆動時間は最大約19時間。サイズは約幅323×奥行き217×高さ14.95mm。重量は約1.09kgから。

レノボPC

 ThinkPad X1 Yogaは、狭額縁を採用し、13型サイズの筐体に14型ディスプレーを搭載した回転型マルチモード2in1PC。

 左側面の専用端子を介して接続するThinkPadドッキングステーションに対応し、ワンタッチで周辺機器の一括接続が可能。

 またThinkPad X1 Carbonと同様に、ノイズキャンセル機能搭載の4基の360度全方位マイクや、4基のスピーカーなど、オンライン会議機能を強化しているという。

 のぞき見防止のThinkPad Privacy Guard搭載モデルも選択可能。

レノボPC
レノボPC

 OSはWindows 10 Pro 64bit(日本語版)。CPUは第8世代インテル Core i7/Core i5。メモリーは最大16GB。ストレージは最大2TB SSD。

 ディスプレーは14型 HDR 4K IPS液晶(3840×2160ドット)/14型 WQHD IPS液晶(2560×1440ドット)/14型 FHD IPS液晶(1920×1080ドット)。

 インターフェースはUSB Type-C×2、USB 3.1×2、HDMI、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャック、イーサネット。

 バッテリー駆動時間は最大約19時間。サイズは約幅323×奥行き218×高さ15.5mm。重量は約1.36kgから。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking