2019年06月11日13時00分

アップル、新AR機能「ARKit3」を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
「ARKit3」

 アップルは開発者会議WWDC2019にて、iOSとiPadOSにおけるAR機能の新バージョン「ARKit3」を発表。そのほかにも2つのAR関連の新機能・開発ツールを発表した。

 ARKit3でアップルが特に強調したのは、人物に関係のある機能「モーションキャプチャー」と「ヒューマン・オクルージョン」。モーションキャプチャーでは、iPhoneやiPadのカメラを人に向けるだけでその人の骨格を推定、動きを認識する。これにより、CGのキャラクターに人間の動きなどを重ねられる。

 ヒューマン・オクルージョンは、カメラで人間の存在を認識し、ARで表示させている物体と人間との前後関係を反映。人がAR表示されている物体の後ろに隠れるなどの挙動が可能となる。

 また、アップルはARに関係するフレームワーク「RealityKit」とコンポーザー「Reality Composer」も発表している。RealityKitは、AR機能をより手軽に実装することを目的としたもの。既存のアプリにも、フォトリアルなレンダリングやエフェクトなどのAR機能を手軽に実装できるという。

 Reality Composerは、ARに対応したインタラクティブなシーンを作ることができるツールで、XCodeとiOSに対応。iPadやiPhoneを使い、作ったAR機能をすぐに実機で動かして検証可能になるとのこと。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking