2019年06月07日10時00分

ウェブサイト閲覧時のデータ量をセーブしてギガ不足に対応するXperiaテク

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 少ないデータ通信量で契約していて、月末のギガ不足を回避するため少しでもデータ通信量を少なくしたいと考えているXperiaユーザーは多いはず。そこでオススメなのが、ウェブブラウザーのChromeに搭載されている「データセーバー」です。

154
最近のXperiaは標準ブラウザーにGoogleのChromeが搭載されている

 まずはChromeを起動させて、右上のメニューボタンから設定をタップします。次に設定の一覧から画面を下のほうにスクロールさせ、「データセーバー」を選択します。

154
Chromeを起動し右上のメニューをタップ
154
設定からデータセーバーを選ぶ

 Chromeのデータセーバーは、通信をいったんGoogleのサーバーを経由させます。Googleのサーバーでは表示させる画像を縮小するといった対応が行なわれ、軽いデータとなって表示されます。難しい設定は必要なく、単純にボタンをタップしてオンにするだけでOKです。

154
データーセーバーの設定はオンかオフのみ

 オンにすると、それ以降のChromeでの通信はデータの節約が行なわれます。どれくらい節約されているかは、グラフでチェック可能。サイトごとにどれくらい縮小されているかもわかります。

154
オンにしてしばらく使っていると、その効果がグラフでチェックできる

 すでにモバイル用に最適化されていたり、キャリアが最適化しているような状態だとあまり効果はありませんが、PC用のサイトを表示する場合などは効果があるようです。XperiaのChromeでウェブサイトを閲覧する頻度の高いユーザーは、「データセーバー」をオンにしてその効果をチェックしてみましょう!

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking