2019年05月16日12時00分

ドコモのGalaxyは「Galaxy S10/S10+」に東京五輪限定の3モデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

インカメラは2眼でパンチホール式のハイエンド
サムスン電子「Galaxy S10+」

 ドコモからリリースされるGalaxyシリーズはハイエンドの「Galaxy S10+ SC-04L」、スタンダードの「Galaxy S10 SC-03L」、そして東京五輪とコラボした限定モデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」の3モデル。なお、Galaxy S10/S10+を事前予約して購入すると、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が全員もらえるキャンペーンもスタートする。

  Olympic Games Editionは専用の外箱にGalaxy Budsが同梱。オンライン販売で1万台限定となっている。それ以外は外観が違うだけで中身のスペックは同じなので、まずはGalaxy S10+とまとめて紹介する。

S10
S10
プリズムブラック

 なお、発売日はGalaxy S10+が6月1日で価格はドコモオンラインショップで10万1088円。Olympic Games Editionの発売日は7月下旬で価格は11万4696円。

 Galaxy S10+には6.4型有機ELディスプレー(1080×3040ドット)を搭載。SoCはハイエンドのSnapdragon 855(オクタコア)、メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。本体サイズは74×158×7.8mm、重量は175g。「Infinity Oディスプレー」と呼ばれるほぼベゼルなしのデザインなので、ディスプレーサイズは大きいが横幅が狭くて薄く軽量なので持ちやすい。カラバリはプリズムブラックのみ。Olympic Games Editionはプリズムホワイトをベースにしている。

 カメラは背面に3つ、前面に2つの合計5眼を搭載する。リアは1200万画素+1200万画素+1600万画素(広角、望遠、超広角)、フロントは1000画素+800万画素。リアの広角カメラはF値が状況に応じて2.4と1.5で切り替わるのが特徴。静止画だけでなく、動画性能も向上しており、撮影時のスーパー手ぶれ補正は最新アクションカムに匹敵する。

S10
S10
Galaxy S10+ Olympic Games Edition

 有機ELディスプレーはHDR10とAKGチューニングのステレオスピーカーでゲームや動画視聴に最適。そのほか、防水防塵対応で指紋認証センサーはディスプレー内にあり、超音波式で指の凹凸まで読み取る。

 ゲームランチャーアプリはゲーム中の通知を制限してゲームに集中でき、画面キャプチャーや実況動画撮影なども可能。3Dアクションなど高負荷なゲームで遊んでいると本体が熱を持つが、Galaxy S10+はベイパーチャンバー冷却システムで、発熱を防いで快適にプレーできるように設計されている。

 セルフィーをもっとキレイに撮りたい、ヘビーゲーマーで動作に不満なくゲームをしたいという人ならGalaxy S10+だろう。

ドコモ「Galaxy S10+ SC-04L」の主なスペック
メーカーサムスン電子
ディスプレー6.4型 Dynamic AMOLED(19:9)
画面解像度1440×3040ドット
サイズ約74×158×7.8mm
重量約175g
CPUSnapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリー8GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージmicroSDXC(最大512GB)
OSAndroid 9
最大通信速度(下り/上り)1576Mbps/75Mbps
VoLTE○(HD+)
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数アウト:約1200万画素(F値2.4、1.5可変)
+約1200万画素(望遠、F値2.4)
+約1600万画素(超広角、F値2.2)
/イン:約1000万画素
+約800万画素
バッテリー容量4000mAh
FeliCa/NFC○/○
ワンセグ/フルセグ○/○
防水/防塵○/○
生体認証○(画面内指紋、顔)
USB端子Type-C
Qi
カラバリプリズムブラック
発売時期6月1日

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking