2019年04月23日21時00分

iPhone 5Gチップ、クアルコムとサムスンから?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

photo:Kārlis Dambrāns

 アップルとクアルコムが特許権使用料めぐる争いで和解したことにより、アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が新しい予測を発表した。

 クオ氏はiPhoneに搭載される次世代通信規格5G用のチップは、米クアルコムと韓国サムスンの2社のサプライヤーから供給されるとみている。

 2社から調達することにより、供給リスクの管理、コストの削減、アップルの交渉力の強化が見込まれるメリットがあるという。

 クオ氏は5Gチップの搭載により、2020年はiPhoneの出荷台数が1億9500万から2億台に成長するだろうと予測している。


筆者紹介:篠原修司

shinohara

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking