2019年04月19日07時30分

アップルのロゴマーク、葉っぱの色が変わった!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
apple
Apple 新宿にはすでにロゴマークの葉っぱの色が!

 来る4月22日のアースデイに向けて、アップルがアップをはじめましたよ! スタッフのシャツの色がグリーンに変わったのが、ガラス越しでもよくわかります。

apple
Today at Appleのスタッフのシャツもアースデイ仕様

 私たちもアップルの「アースデイ」の取り組みをきっかけに、地球規模の環境問題について考えたり、行動をしてみましょう。

世界規模のリサイクルプログラムを拡大

 例えば、MacBook AirとMac miniのボディーは、強度や外装の仕上げを犠牲にすることなく、100%再生アルミニウムで作られています。再生アルミニウムを100%使用し特性を損なわず何度もリサイクルできるように、まったく新しい素材をアップルは開発しました。

apple
Appleのリサイクル作業ロボット「Daisy」。1台で年間120万台のデバイスを分解できる能力があります

 そしてアップルは、ユーザーが下取りに出したiPhoneを分解するロボット「Daisy」を発明! Daisyは15のiPhoneモデルに対応し、年間120万台を分解することができます。Daisyが分解することで、高い品質で再利用できる素材を回収することが可能となりました。

 下取りに出されたデバイスは、アップルがすべてのデータの消去をしてから状態を検査し、良好な場合は新しいユーザーが利用できるようにします。

apple
「Apple Trade In」を紹介するショートムービーがディスプレーに

「Apple Trade In」をオンラインとApple Storeで実施

 訪問したApple 新宿では、iMacやiPhoneをはじめとした各製品のディスプレーで「Apple Trade In」を紹介するショートムービーを表示していました。

 日本のユーザーも使い終わったデバイスをオンラインか、Apple Storeで下取りに出すことができます。おサイフにも優しくて、地球にも優しいプログラムですね。

apple
手から手とiPhoneが渡される「Apple Trade In」を紹介するショートムービー ※GIFアニメが正しく表示されない場合は、オリジナルサイトをPC表示にしてご覧ください

 もっと詳しいアップルの取り組みはホームページや環境報告「2019年の進捗報告書(英語PDF)」で知ることができます。

apple
アースデイ当日の4月22日、Apple Watchのユーザーが「30分間の屋外ワークアウト」を達成すると、特別なアースデイアワードが進呈されるとか

アップルと一緒に行動しよう

 4月22日のアースデイは、Apple直営店の「Today at Apple」で環境をテーマにしたセッションが実施されるほか、App Storeでは地球における自然の生態系で各自の役割を考えるきっかけになるようなオリジナルストーリー、アプリケーションやゲームのコレクションが特集される予定だとか。

apple
ぐるぐる回る地球と「2019」のステッカー

 また、Apple Watchユーザーには、「アースデイチャレンジ」として特別なバッジやメッセージで利用できるステッカーも計画されているようなので、楽しみにしていてくださいね。

apple
かわいいステッカーも ※GIFアニメが正しく表示されない場合は、オリジナルサイトをPC表示にしてご覧ください
apple
キリンもぐるぐる回ります。かわいい! ※GIFアニメが正しく表示されない場合は、オリジナルサイトをPC表示にしてご覧ください

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking