2019年04月15日15時15分

JAL、航空機の牽引訓練用VRシミュレーターを導入

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 JALグループのJALグランドサービス(JGS)とxR(VR/AR/MR)ソリューションを提供するコミュニケーション・プランニング(CP)は、航空機の牽引訓練用VRシミュレーターを導入した。

Mogura04

 JGSとCPは、時間や場所に左右されずに訓練教育を実施できる、航空機の牽引訓練用のVRシミュレーターを共同開発した。持ち運びが可能なため、地方空港などでの訓練も実施可能となる。また、通常の訓練では再現が困難な雨や雪などの気象条件を設定することや、教官の指導を受けながら繰り返し訓練することができるため、効果的かつ効率的な訓練を実現しているとのこと。

 本VRシミュレーターでは、VRの特徴である周囲360度を見回すことができ、平面モニターでは体験できない「振り向く、覗き込む」といった航空機牽引時の安全確保に必要な動作の確認にも対応しているという。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking