2019年03月14日15時20分

バーチャルキャラクターが接客するサービス、大日本印刷とエクシヴィが共同開発

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
5

 大日本印刷は3月5日、バーチャルキャラクターが小売店舗や商業施設などで接客やデモンストレーションをするサービスのプロトタイプを開発したと発表。エクシヴィのVR技術を用いて、キャラクターがリアルタイムに接客可能なシステムを活用したもの。サービス開始は2019年春からを予定している。

 VR技術で人の動きをバーチャルキャラクターに反映し、ディスプレーを通して商品紹介などの接客やデモンストレーションをする。バーチャルキャラクターになる人物はオフィスや自宅など、遠隔地からでも操作可能。ディスプレーはDNPが開発した透明スクリーンを使い、明るい場所でも鮮やかな映像が浮かび上がるような演出ができるとしている。

 今後、大日本印刷は小売業界や日用品・食品メーカーなどと共同で、店舗で検証やマーケティング調査を実施する予定だという。同社のクリエイター共創サービス「FUN’S PROJECT」と連動することで、「クリエイターとバーチャルキャラクターを作りたい企業のニーズをマッチングし、より導入しやすくなるよう、本サービスの付加価値を高めていく」とのこと。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking