2019年03月13日17時00分

「ピノ 蔵出し熟成 宇治抹茶」低温貯蔵で熟成させた味わい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
sb1
パッケージは、あでやかな和柄で3種類展開

 森永乳業は「ピノ 蔵出し熟成 宇治抹茶」を3月25日から期間限定で発売します。価格は150円前後。

 ひと口タイプのアイスブランド「ピノ」シリーズの新商品。コクのあるという宇治抹茶アイスを、宇治抹茶チョコでコーティング。京都府産の宇治一番茶の抹茶を低温貯蔵で熟成させ、風味ゆたかな味わいに仕上げたとか。旨味と渋味のバランスがよく、芳醇な香りと、奥深い味わいをうたいます。

 同社によると、抹茶アイスは近年人気が高まってきており、2017年度のアイスクリーム市場における抹茶アイスの販売量は、2010年度と比較して147%に伸長しているとのこと。本格的な宇治抹茶本来の味わいを伝えるアイスとして、人気が出そうな予感です。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking