2019年03月12日11時00分

3万円台から!新生活や新社会人にオススメな今買いたい高コスパなPCまとめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 4月も間近に迫った進学や入社シーズンは、大学でのレポート制作、仕事、新生活でエンターテイメントを楽しむといった用途で使うなど、PCを新調するにはちょうど良い季節。そこで今回は、新生活でオススメなPCを、TV CMでも同じみとなっているマウスコンピューターからピックアップしてご紹介したい。

ネットを見たり軽作業するには◎

LUV MACHINES AR410EN
直販価格 3万9800円(税別)

mouse

 PCはインターネットで調べものをしたり、買い物をしたりするくらいしか使わない、という人には高性能なビデオカードを搭載するPCなどは必要ない。そこで、オススメなのがCPU内蔵GPUの性能が高い、AMD製のAPU搭載機。

 マウスンコンピューターの「LUV MACHINES AR/AGシリーズ」は、前世代のAPU「A6-9500」からゲームによってはフルHDで快適に遊べるGPU性能を持つ「Ryzen 5 2400G」搭載機のほか、第2世代Ryzen+ビデオカード搭載機まで、幅広いラインアップをそろえている。

 価格は、「A6-9500」搭載機の「LUV MACHINES AR410EN」で、直販価格3万9800円(税別)と、3万円台という安さで購入可能。メモリーは最低限の4GBと少ないため、複数作業には向かないが、ストレージの容量は、近年では最低ラインの1TBと必要最低限のスペックを備える。

 インターネットで買い物をしたり、ネット動画を視聴したり、といったことが主な用途なら、このスペックでも十分。この手のBTO PCは、キーボードやマウスが付属していないこともあるが、本製品にはUSBキーボード(102キー)&マウスが付属しているため、初めてPCを購入する入門機として選択するのもいいだろう。

「LUV MACHINES AR410EN」の主なスペック
CPUAMD「A6-9500」(2コア、3.5~3.8GHz)
チップセットAMD A350
メモリー4GB(4GB×1、DDR4-2400)
ストレージ1TB HDD
インターフェースDVI-D出力、D-Sub15ピン、USB3.1×2、USB3.0×4、USB2.0×2、ギガビットLANなど
電源350W(80PLUS BRONZE)
サイズ/重量約170(W)×403(D)×360(H)mm/約6.7kg
OSWindows 10 Home(64ビット)
マウス/キーボードあり
直販価格3万9800円(税別)

「LUV MACHINES AR410EN」は、CPU性能とメモリーが最低限ではあるが、文書作成くらいなら十分快適に行なえる。写真編集や動画エンコードなどまでは行なわないが、オフィスファイルを開いて、テキスト修正を行なうといった、ちょっとしたオフィス仕事をするくらいならアリ。

「Office Personal 2019」も付属するモデル「LUV MACHINES AR410EN-A」も5万8800円(税別)で販売されているため、ちょっとした仕事でも使いたい人は選択肢のひとつとして検討しよう。

 さらに、高解像度でなくてもよいので、できるだけ価格を抑えてPCゲームをプレイしたいという欲求があるなら、設定次第ではPCゲームがある程度プレイできる「Ryzen 5 2400G」を搭載する「LUV MACHINES AR410SN」(直販価格 6万4800円 税別)もオススメだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking