2019年03月05日10時00分

Galaxy S10の評価は上々! ロンドンのフラッグシップストアで人気をチェック

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
434
ロンドンの街中もGalaxy S10の広告が目立つ

MWCに先んじて発表した
サムスン電子「Galaxy S10」シリーズ

 2月20日にサンフランシスコで発表された「Galaxy S10」シリーズ3モデルの評価は高いようです。翌日から世界各地で展示が始まり、早い地域では3月8日から販売がはじまります。筆者はサンフランシスコの発表会を取材した翌日、ロンドンを訪問。ロンドンで一番の繁華街であるオックスフォードストリートにあるサムスンの旗艦店に立ち寄ってみました。

434
ロンドンのサムスンフラッグシップストア

 店に入るとすぐに展示されているのが、Galaxy S10とGalaxy S10+。平日昼間でしたが、発表翌日ということもあって来客数はかなり多く、注目度の高さを証明しているかのようでした。この日からの予約受付を済ませているお客さんもちらほら。

434
店内のデモ機は大人気

 お客さんたちの表情は「いいねえ」「やっと来た」なんて具合で、みな笑顔。価格は一番高価なGalaxy S10+の1TBモデルが1399ポンド(約20万6700円)、一番下のGalaxy S10eは669ポンド(約10万3300円)。予約特典にはBluetoothヘッドセット「Gear Buds」が無料進呈されるほか、24回払いの分割手数料無料などの特典があります。

434
Galaxy S10を手に取り「どれにする」なんて悩んでいる姿も

 また、ケース類もすでに展示がありました。価格も表示されており本体発売と同時にこれらも発売になるとのこと。リモワのスーツケース風のプロテクトカバー「Protective Standing Cover」はGalaxy S9などにも出ていましたがカラバリが増えています。見た目もいいので人気商品なのでしょう。

434
Protective Standing Coverはブルーとホワイトも加わった

 他にはポップコーンを配るサービスもやっており、店内をちょっとした縁日気分で回れます。Galaxy S10を握ってちょっと悩んでいると、スタッフが「何か機能を説明しましょうか」と話しかけてくれます。筆者も発表会でわからなかった、LEDカバーの使い方のことをちょっと聞いてみました。

434
ポップコーンも無料で配布

 いまや10万円を超えるスマートフォンが珍しくなくなったとはいえ、Galaxy S10シリーズの価格は強気です。しかしロンドンのフラッグシップストアの人気を見ると、価格相応の価値のある端末という一定の評価を受けていることがわかります。日本の発売時期は未定ですが、まずはグローバルでどのような売れ行きを見せるのか、注目したいところです。

434
道行く人も思わずお店の前で足を止める

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking