2019年01月16日10時00分

Xperia XZ3のアンビエント表示でスリープ中もディスプレーを活用するテク

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

有機ELのXperia XZ3だからできる
アンビエント表示

 Xperia XZ3はディスプレーに有機ELパネルを採用しているため、新たに「アンビエント表示(Always-on display)」が利用できるようになりました。この機能を使えば、スリープ状態でも時刻やSNSなどの表示が可能になります。

139
スリープ中でもディスプレーが活用できる「アンビエント表示(Always-on display)」

 アンビエント表示を使うにはまず設定を起動して「画面設定」へとアクセス。さらに「詳細設定」をタップして画面をスクロールさせ、最下部にある「表示」の「ロック画面の設定」を押します。

139
設定の「画面設定」をタップ
139
「画面設定」の「詳細設定」を押して「ロック画面の設定」へアクセス

 「アンビエント表示」を使ってディスプレーに表示できる項目は、新しい通知とステッカー、写真とミュージック情報です。それぞれ表示させるかどうかオン・オフなどの設定が可能。たとえば「新しい通知」ならボタンでオン・オフを切り替えます。

139
アンビエント表示の設定画面で新しい通知を表示するかどうかボタンで設定できる

 ステッカーは用意されたイラストや写真を表示させておく機能です。ソニーのロボット犬「aibo」のステッカーが数種類用意されており、ほっこりと癒やされるのでオススメです。

139
ステッカーは22種類が用意されており、「アルバム」から自分で撮影した写真なども使える

 写真の表示は「フォト再生」から設定します。機能自体のオン・オフのほか、「デモモード」と「プライベートモード」が選択可能。デモモードはサンプルの写真を、プライベートモードは撮影した写真を自動でピックアップして表示します。さらにミュージック情報をオンにしておくと、音楽アプリで再生中のアーティストやアルバムアートが表示されます。

139
アンビエント表示で撮影した写真を表示するには「プライベートモード」を選ぶ
139
ミュージック情報をオンにすると、再生中の楽曲名やアルバムアートを表示する

 アンビエント表示はスリープ時の機能ですが、表示するタイミングも選択できます。ひとつは「常に有効」でスリープ時でも消えずにずっと表示されます。もうひとつは「スマート表示」で、通常は画面表示がオフになっていますが手に持って歩いてるときやポケットから出したとき、画面をダブルタップしたときにスマート表示に切り替わります。

 3つめは「機器を持ち上げたときに有効」で、こちらも通常は画面表示がオフになっていますが、端末を持ち上げるとアンビエント表示になります。

139
アンビエント表示になるタイミングをオフもふくめて4つから選べる

 アンビエント表示は画面の書き換えなどがほとんどないため電力消費は抑えられていますが、それでもオフの状態よりも電力は消費します。もちろん通知や音楽プレーヤーで再生している曲がかわると表示はかわるので、そこでもバッテリーを使います。自分の利用状況に合わせて活用しましょう!

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking