2018年11月30日12時00分

飲食店・美容室が最小限のコストで顧客の心をつかむコツは?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

とにかく顧客の訴求目的、ターゲットを理解せよ

 続いて、植松理恵氏の講義では、店舗の独自性の出し方、客層に合わせた接客やアピール方法を自らの経験や豊富な事例から紹介。

1114
株式会社メンバーズキャリア キャリアサポートグループ 植松理恵氏

 植松氏は、大手飲食チェーンでの接客や人材育成業務を経て、現在は、ウェブクリエーターの人材派遣会社メンバーズキャリアで人材育成・サポートを担当している。

 植松氏によると、売上のいい店舗、活躍しているクリエーターの共通点は、顧客のニーズを的確に捉えていることだ。カフェの場合、売り上げの高い店舗やスタッフは、常連客の特徴や注文内容を覚えている。活躍するクリエーターも同様、自分がつくりたいものよりも、まず顧客の訴求目的、ターゲットを理解することを重視している。

 そのため店舗設計でも、看板の設置場所ひとつにもこだわり、何を伝えたいのか、誰に足を止めてもらいたいのか、導線の邪魔にならないか、といったコンセプトからじっかり考えていく。同様に、実店舗のホームページの場合、客層を意識したコンテンツづくりをすることが大事になる。

 地域によって当然ターゲットも異なるので、たとえばビジネス街ではInstagramのキャンペーンをしても刺さらない。訪日外国人が多いエリアなら、英語のメニュー、Wi-Fiが使える、といったことをアピールすると効果的だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking