2018年11月19日14時05分

LINE Payで税金支払い 大阪市で12月14日から開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
LINE Pay、大阪市の税金の支払いに対応

 LINE Payは11月15日、LINE Payによる大阪市の税金の支払い対応を発表した。12月14日より可能となる。

 電算システムが行なう収納代行サービスを通じ、大阪市の発行する納付書の支払いを「LINE Pay 請求書支払い」で行なうもの。対応する納付書は、個人市・府民税(普通徴収)、個人市・府民税(特別徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、軽自動車税、法人市民税、事業所税、市たばこ税、入湯税。

 LINE Pay 請求書支払いは、公共料金や通信販売などの請求書上に印字されたバーコードをスマホで読み込んでLINE Payで支払いができるサービス(一部収納会社が発行する請求書では手数料がユーザー負担となるが、大阪市税納付の際は手数料は発生しない)。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking